2019年8月9日金曜日

8/9 本日の戦略

8/9
短期目線で分析しています
ドル円
106円台を割り込み105円での推移。105.5円からの買戻しを意識した展開を見せそうです。上値では106.20円から上値を押さえられているところがあります。下値を探りたいところですが、下値に対する警戒もみせてくるところ。


ユーロ円
下値に対する意識を見せつつも119円台の上値の重さを感じさせて下げを見せています。117円台からは買戻しの声があり下げ渋りを警戒。上値では119円に近付くと上値抵抗としているところがあります

リアルFX取引口座を開設する

ポンド円
128円の下値を意識しており、ここを割り込むか市場の関心が集まっているようです。上値は切り下がってきてますが、下値警戒と相まって様子見ムードがあるようです。戻りを狙いたいところが戻りを見せてくれるか難しいところ。129円をつけてくるとショートのストップロスが絡んでくるところなので警戒したいです。
下げるには新規に売りを仕掛けないといけないところから材料に対してどう反応するか。焦らずにじっくり見たいところ

FXセミナー

掲載される内容につきましては情報提供を目的としており、情報につきましては細心の注意を払っておりますが、情報の正確さや取引に対する利益を保証するものではありません。
取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いいたします。

海外FX口座のメリット

FXを始める、または継続するにあたり口座の検討をされている方には必見です。

ご存知の方も多いですが金融庁のレバレッジ規制により国内FX業者で開設する個人口座のレバレッジは25倍に制限されています。 ちなみに国内の法人口座には、これまでレバレッジの縛りが無かったのですが、2017年に入りレバレッジ規制によって100倍までに制限されているようです。



海外のFX口座は金融庁の管轄ではありませんので、レバレッジの規制が無く数百倍~数千倍のような高レバレッジ(ハイレバ)を提供している業者もあります。

プロモーションとボーナス
このハイレバレッジとは通貨のの代金に対してのものです
通常1ドル=100円として、10,000通貨となると
100円×10,000通貨=1,000,000円が必要となります
これがレバレッジ25倍となると
40,000円で10,000通貨の取引が可能

レバレッジ500倍となると
2000円で10000通貨の取引が可能となります。


これがレバレッジなのです。


この資金運用という観点を少額で始めることができたり、利益効率を考えると海外FXの有利性がわかります。

取引口座タイプ


デモ口座で練習
デモ口座を開設する


ドル円4時間足 展望

ドル円4時間足 当たらないことで注目を浴びておりますが、逆指標になることも一つの貢献と思い、書いております。 ドル円4時間足で見るとじりじりとした展開で上昇を見せておりますね チャートには今回EMAとmacdを表示しております。 108円を高値、107.3円を下値としたボックスで...