2019年8月21日水曜日

8/21本日の戦略

8/21
短期目線で分析しています
ドル円
まだ上値重い気配を見せており、下値警戒。決済サインを見せていないことも要注意
106.40円を上抜けても戻り売りとされやすいところ、106円の節目では押し目買いとされるところもあるため深追いせずにしておきたい


ユーロ円
117.5円前後からの押し目買いとされる気配は強く、しっかりとしている様子から上値期待を見せていますが、108.1円あたりをしっかりと抜けてこないと再び戻り売りとされやすいところ。レンジの中にいることから方向をしっかりと見極めたい


ポンド円
128円台からの急反発となり129円で推移
ここからの上昇材料を探しているところもあり方向感を探る気配。
128.90円から再び買われてくるなら押し目完了感から上値期待となり、129.5円超えても割り込むとレンジとなりもみ合いを見せるところ

掲載される内容につきましては情報提供を目的としており、情報につきましては細心の注意を払っておりますが、情報の正確さや取引に対する利益を保証するものではありません。
取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いいたします。

ドル円4時間足 展望

ドル円4時間足 当たらないことで注目を浴びておりますが、逆指標になることも一つの貢献と思い、書いております。 ドル円4時間足で見るとじりじりとした展開で上昇を見せておりますね チャートには今回EMAとmacdを表示しております。 108円を高値、107.3円を下値としたボックスで...