2018年11月12日月曜日

本日の戦略

私用で岡山に行っており、更新が滞ってしまいました。
申し訳ございません。
今後は変わらずに更新していきたいと思います。
FXを考察する会としてサロンを作っております。
集まれる場所として銭函に事務所を開放する予定です。
今週末に電話工事などが入り準備が整ってきてます。
一般的な情報は無料で開放し、PCの設定などを個別に相談したい場合は有料としてやっておりますが、情報などは共有してFXトレードをしていきたいと考えていますので、どうぞお気楽に会員登録をしてください。

kita_kuni1976@yahoo.co.jp





本日の戦略
ドル円
日足では調整安気配が出ており、直近高値が重いように見えています。4時間足で113.75円を割り込むと押し目買いの弱さから調整安を引き続き見せる気配ですが、113.75円を維持してくると114.06円を試す気配です。
動きを見てからの仕掛けとしたいため、慌てずに様子見てからと思ってます


ユーロ円
日足では押し目となっており、128.60円を下値抵抗としている様子からこの辺からの反発に警戒。
上値では129.20円があり、戻り売りとされやすいところ。さらに上値に129.50円の抵抗があり、ここも戻り売りとされやすいところです。
ただ調整安的な流れで来ているなら、上値抵抗は簡単に上抜けし直近高値を試す展開を見せるところとみています。下値では127.60円を割り込むまでは押し目買いとされるところから急反発に警戒して仕掛けていきたいところ

ポンド円
レンジで動いているところ
上値抵抗が149.60円、下値抵抗が142.58円
上値抵抗から再び下げており146.15円を割り込むと再び下値抵抗を視野に入れた展開。
ここから反発を見せるとレンジを抜ける期待から上値抵抗を上抜けれるか期待したいところです。ロングを狙うなら146.15円前後からの狙いとして、割り込むと下値抵抗までの下げが想定されるので損切り、下値抵抗で再びロングの仕掛けなどが戦略として有効に思えます。ショートは146.15円を割り込むと想定して売りを仕込むか、再び戻りを見せたときに上値抵抗前後で仕掛けて、上値抵抗を超えたところに資金によって損切ラインを設定する戦略がよさそうです。



ドル円4時間足チャートとアフターコロナ

アフターコロナが始まり 銭函にも人が増えてきています。 ただ北海道はまだ寒い日があるので、週末と言ってもそれほど人はいません。若干増えた程度。 それでも止まっていた経済が動き出した感じがしており、少しでも地域が盛り上がってほしいところです。 ただ問題はウィルス対策 コロナとは一緒...