2018年10月17日水曜日

MT4を使ったインジケーター

色々なインジケーターを利用しております
その中でちょっとオリジナルになっているものを紹介
上昇下降の角度からトレンドの発生を見極め出来ないか⁉といろいろと試しており現時点で利用しているのが以下の写真です
縦長で見づらくて申し訳ないのですが、青で丸しているところが0.1を突破してくるとロング
-0.1を割り込むとショートとしてみています。
15分足です。
急激な動き(長いローソク足)で突破することもありますが、その時は見送るようにしています。

MACDを利用しており上下二つありますが、ユーロ円に関しては下段で判断しています。




本日の戦略10/17

上昇を見せてくれた各通貨
今後の展開に注目




ドル円

112円を突破し111.60円前後を下値とした上昇を見せています。
112.30円から112.50円では上値抵抗とされているところから、戻り売りに注意したいところ
下値では112.10円にサポートとして下値抵抗を見せていることから、材料の弱い間はこのレンジとなりそうです。
112.85円にも上値抵抗があり、それなりに強い気配があるため要注意のところ


ユーロ円

129.80円を突破を見せましたがその後の下げを見ると買い戻してきな上昇で終えているところです。
今後買いが入ってくると再び上値を試せるところですが、130.20円と130.50円の上値抵抗を意識しているところがあり、戻り売りに注意したいところです。
下値では129.60円が下値抵抗としていることから、ここを割り込むと129.40円を割れを試そうとし、さらに割り込むと129.15円の下値抵抗を視野に入れておきたいところ。


ポンド円

146.94円の下限と149.82円の上限のレンジに突入していることから、様子見したいところ
上限と下限に近付いて仕掛けをしたいため、中心的な位置にいる現状ではもう少し材料待ちをしたいところです。


ドル円4時間足チャートとアフターコロナ

アフターコロナが始まり 銭函にも人が増えてきています。 ただ北海道はまだ寒い日があるので、週末と言ってもそれほど人はいません。若干増えた程度。 それでも止まっていた経済が動き出した感じがしており、少しでも地域が盛り上がってほしいところです。 ただ問題はウィルス対策 コロナとは一緒...