2018年8月30日木曜日

切り上げてきているドル円

ドル円

徐々に水準を切り上げとうとう112円も近くなりました。


112円に行く前に上値抵抗とされている112.80円に対してどういった動きを見せるか注目したいです。

ここを突破してもドル売りとされずに維持してくるのか
それとも利益確定などが優先しドルが売られ一度押し目を見せてくるか
または111.8円を超えずに押し目を見せるか

仮に下げて押し目を見せてくるなら111.40円を注目としたいです

この値位置での絡みが過去にもあり、再びこの一に下げてくると
売り買いが出てきやすいとみています。




下げ止まらずに下げてくると

111円割れを想定しておきたい

110.90円にも下値抵抗があり、
ここまでの下げを見せてくる期待があります。
ただそこまで下げても110円割れからの上昇トレンドが崩れていないことから
大きな押し目とされるところがあるので、下げからの反発には注意したい。

では112円台に突入した場合

112.30円の抵抗に注目

もみ合いかドル売りが出るかもしれませんが、上昇トレンドは崩れていないことから113円台への期待がありますね。


まずは基本を押さえておきたい
ボリンジャー・バンド入門 ― 相対性原理が解き明かすマーケットの仕組み (ウィザード・ブックシリーズ)
ジョン・A・ボリンジャー John A. Bollinger
パンローリング
売り上げランキング: 108,250

ドル円4時間足チャートとアフターコロナ

アフターコロナが始まり 銭函にも人が増えてきています。 ただ北海道はまだ寒い日があるので、週末と言ってもそれほど人はいません。若干増えた程度。 それでも止まっていた経済が動き出した感じがしており、少しでも地域が盛り上がってほしいところです。 ただ問題はウィルス対策 コロナとは一緒...