2018年8月14日火曜日

ドル円の今後の展開

昨夜は激しい展開が突然訪れてびっくりでした
ドル円は上昇トレンドが崩れて下抜けとみているところがあり、戻りは売られる警戒をしておきたいところ
110.90円前後では;上値抵抗があり、ここからの上昇は難しそうです
111.20円でもしっかりとした上値抵抗を見せていることから下値を警戒したいところ

ただ一本調子で下げるとも言いづらいことから、戻り売りを狙いたいとところです。

Chart USDJPY, D1, 2018.08.13 23:19 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo

ドル円4時間足 展望

ドル円4時間足 当たらないことで注目を浴びておりますが、逆指標になることも一つの貢献と思い、書いております。 ドル円4時間足で見るとじりじりとした展開で上昇を見せておりますね チャートには今回EMAとmacdを表示しております。 108円を高値、107.3円を下値としたボックスで...