2018年6月14日木曜日

ドル円分析

ドル円を見ると日足では110円に下値抵抗があり
110.1円までの下げから110.3まで上昇

ここから4時間足で見ると
110.41円に対して抜けれるのか
抜けても維持できるのか




110.4円から110.0円のレンジ
の展開と見たい

もちろん抜けてきたほうに強いトレンドを見せる気配もあるが
そこまで動いてくれるのかなぁ~って感じです.

ドル円4時間足 展望

ドル円4時間足 当たらないことで注目を浴びておりますが、逆指標になることも一つの貢献と思い、書いております。 ドル円4時間足で見るとじりじりとした展開で上昇を見せておりますね チャートには今回EMAとmacdを表示しております。 108円を高値、107.3円を下値としたボックスで...