2015年7月30日木曜日

商品先物会員メール内容 売買分析メール

通常2種類のメールを配信しております
一つは定期配信 商品売買分析メール
もう一つは不定期配信 商品売買戦略メール
この二つを配信しております

今回はメールの一つ商品売買分析メールの内容を公開です
[スポンサードリンク]





商品先物売買分析
東京金
なかなかレンジから抜けれない展開。ドル円がしっかりとしている展開から
資金シフトでNY金などからも資金が離れている様子
引き続き
4300円を割り込むと4285円割れを視野に入れておきたいところです
4360円超えてしっかりとしてくると
(4360円を割り込まずに推移、割り込んでも再び超えてくる)
4400円越えを見せるところとなりそうです。


東京白金
もみ合いを上に抜けるような気配です
このまま4000円を超えてくると上値に対する期待からも買われてくるところですが
週末と月末という展開から材料不足のところ
3960円を維持してくると底堅い展開から上値期待となり、
割り込むと再びレンジ相場を見せる気配です

引き続き
下値抵抗3850円、割り込むと3800円が次の下値抵抗
上値が4000円を上値抵抗。


東京ガソリン
56000円を上値抵抗としている様子があり
55000円を抜けてきても戻り売りが弱いかもしれません。
下値としては54000円を割り込むと戻り達成感が出てくるために
52360円の下値を警戒


東京ゴム
205円を超え209円に上値抵抗を意識している気配、
209円を超えてくると215円を上値抵抗とするところ
下値では204円が下値抵抗を見せています。
ここを割り込むと200円割れとなる気配から注意したいところ
上値探り強い気配から注目です

FX売買

ドル円 
2015/07/23

123.82円買

ポンド円
2015/07/17

194.17円買







商品先物売買戦略 一部公開

有料メール会員に配信しているメールの内容を一部公開です

[スポンサードリンク]





金は4400円まで上昇する可能性があるので、安全策としては売り玉決済が有効。
ただ、まだ下降トレンドであり、上昇トレンドになるかは微妙。

白金は予想通り4000円をつけそう。4000円を超えた場合、どこまで上昇するか判断が難しく、買いからは入りづらい。
7/27のメールに記載したが、チャート的に強く、この後の展開として一度大きく上昇する可能性がある。
まずは4050円、次に4120円、この辺りまで戻せるかがポイント。
戻った場合、(戻り方もあるが)仕掛けを考えたいところ。

ガソリンは当初の予定通り54000円以上(54400円)の値段を付ける展開。
全部または半分以上を54400円以上で決済が無難。
もう 一段上にいく可能性もあるが、買いトレンドになったわけではないので注意。

ゴムは200円を割って終わる形になると売りが加速すると思われる。
次に200円を割れれば190円台前半まで一気に下げそう。
作戦は昨日と同じで変更なし。



ドル円4時間足チャートとアフターコロナ

アフターコロナが始まり 銭函にも人が増えてきています。 ただ北海道はまだ寒い日があるので、週末と言ってもそれほど人はいません。若干増えた程度。 それでも止まっていた経済が動き出した感じがしており、少しでも地域が盛り上がってほしいところです。 ただ問題はウィルス対策 コロナとは一緒...