リンク

2015年7月15日水曜日

ポンド円

ギリシア問題も中々引っ張ってきますね。
国内だけでも混乱するような政治経済は世界で考えるとさらに混乱してきます。

混乱したほうが乱高下もありチャンスもありますが、逆に行ってしまうとタダのリスクですね。
今回チャイナショックなど様々なものが絡みひと段落したような気配があります。
国内では週末三連休ということもあり、大きく仕掛ける様子はなさそうです。
しかし扱っているものが為替なので国内休みでも世界が動いているとなれば、値段は乱高下したりもするものです。

ドル円など一旦落ち着きから上昇の気配を見せているようですが、一足先にポンド円が買いサインとなりそうです。
もう少し引き付けたらの売買サインがでるとおもいますが、現状はその気配があり注目です。


ポンド円は乱高下が激しい銘柄ですが、売買の人気は依然として強いです。
やはりみなさん動くものが好きなようで、人気が集まっています。


ドル円、豪ドル円、ユーロドル、トレード戦略

 ドル円  4時間足 104円から修正的な上昇を見せたドル円。これが底値になるのかどうなのか。 下段で国かるでは緑の玉から赤玉に変化、このまま残り時間が終わり4時間足の確定されるとさ上昇終了サインとなってくるところ 豪ドル円 4時間足 下段中断のテクニカルが下げ止まりを見せており...