2015年3月9日月曜日

商品先物 売買分析

東京金
121円を割り込みロコロンドンの金が上昇し日中に若干戻すところがありました。
結局伸びの勢いもなく取引を終えて東京金
今後の展開
121円からの伸びが弱かったのでドル売りに対するNY金上昇の警戒感があるところです。
ただまだ4610円の上値抵抗とするところがあり、戻り売りとされるところなる気配があります。
[スポンサードリンク]




下値の警戒としては前日の安値4510円前後での買戻しを警戒したいところ

東京白金
前日の急落に対しての調整高警戒ですが、戻り売り狙いとされているところ
下値としては4500円前後では買戻し警戒のところですが、下値期待から4430円割れ期待感が強いところです。
上値としては4570円前後に戻り売りとされるところがあり売りに注意のところ


東京ゴム
下げに対しての買戻し警戒があり上値抵抗とされているのが213円前後のところ
上値抵抗を突破してくると215円を上値抵抗としてくるところです。
下値としては突破できずに上値重い展開が続くと209円を割り込むと下値を探る動きを見せるところがあり、安値更新の気配。


東京一般大豆
55000円の上値抵抗を意識しており、ここを突破できるかどうか
今晩での突破というよりしばらく攻防が続くかもしれません、
下値抵抗として54500円があり、この辺からの買戻しを警戒としたい所



fx売買 こんな感じになってきた

システム売買とは別の売買バージョンです。
豪ドルを新たに売ってみました。

米ドルの買いとポンド売り
ユーロ円売りなど上手くいってます



東響金の下抜け

商品先物東京金売買分析
週末にした抜けを見せて4600円を割り込みました
[スポンサードリンク]
上値に対しての重さをしっかりと見せているところとなり、
下値警戒となるところです。

ドル円がしっかりとした機長を見せていることも金売りとされており、
金に対しての警戒がされています。
 
この急落に対しての調整的な上昇も警戒されているようですが、
午前中では調整高を見せずにいるところ。

ドル円が121円を突破するかの警戒から、
再びドル円が上昇を見せると
もう一段の東京金の下落を見せる気配から
調整高を見せずにいるようです。


ドル円4時間足チャートとアフターコロナ

アフターコロナが始まり 銭函にも人が増えてきています。 ただ北海道はまだ寒い日があるので、週末と言ってもそれほど人はいません。若干増えた程度。 それでも止まっていた経済が動き出した感じがしており、少しでも地域が盛り上がってほしいところです。 ただ問題はウィルス対策 コロナとは一緒...