2015年2月7日土曜日

東京金の売買分析

東京金
米雇用統計の結果を受けてNY金は急落、
ドル円は急騰という展開を見せた。
国内の金は下落。
円安よりも実需的な要素に引っ張られている様子。
[スポンサードリンク]




今後の展開として、米国内の好調を見せており
ドルに対しての信認がしっかりとしている様子から、
金よりもドルという資金シフトを
今後も継続してくるのかが焦点

やはり120円という一つの節目があり、
今後はここを焦点とする気配。

国内の金としては昨年11月からの
上昇で下げてきているときは
-200円という動きで調整を見せてし、
その後上昇を続けてきました。

今回も200円幅の調整的な下げを含めると
4700円のラインが一つの焦点になりそう。

ここを割り込むとさらなる下値の警戒などがあります。

新値足なども陰線を2本くらいで調整を見せており、
そこから反転を見せました。

今回さらに新値足の陰線を増やすと
方向転換を思わせるような動きになりそうです。



ドル円4時間足チャートとアフターコロナ

アフターコロナが始まり 銭函にも人が増えてきています。 ただ北海道はまだ寒い日があるので、週末と言ってもそれほど人はいません。若干増えた程度。 それでも止まっていた経済が動き出した感じがしており、少しでも地域が盛り上がってほしいところです。 ただ問題はウィルス対策 コロナとは一緒...