2015年1月20日火曜日

新月 東京金急騰

依然として強い東京金
売り方の踏みも出てて4900円台を見せました。
ここでいったん買いの落ち着きを見せてほしいところ

上昇をみると昨年11月からの上昇と下降を繰り返していることからエリオット波動の現状第5波となっているようです。
ここの上昇が終わると今度は下降の段階を見せてくれそう。


商品先物 東京金の展望

東京金
じりじりと上昇を日中にも始めている東京金です。
ドル高ロンドン市場の上昇などから金に対しての買い材料が集まっています。
2014年の11月に4200円から4550円まで上昇を見せ
その後12月に4400円から4700円まで上昇を見せています
今夏は4500円から4800円台に突入
過去を見ると300円単位の上昇幅
[スポンサードリンク]




そろそろ下げか!?と思わせながらのじり高を見せています
まるで売り方の踏みを誘発するかのような展開
となると売り方の踏みがでてどこまでの上昇を想定するかということで
売りの仕掛どころとなるかもしれません

ただこの相場では売りはストップロスをせってしておかないと
担ぎ上げられるので注意したい

4850円から4860円
ここを上値抵抗と想定し4860円を超えてくると
売りの損切りを考えて仕掛けていった方がいいかな。

売り方の踏みがひと段落すると、崩れてくるかもしれませんが、
円安などがもう一段進むと下げづらくなると思うので
売りにはストップロスを徹底したいところ

買うというにはちょっと怖い気もします。




ドル円しっかりとした展開を見せている

ドル円
116円台だったものが117円台に入り118円目前となっている
[スポンサードリンク]




ドル高基調の展開を再び見せているところ
120円を想定した展開を見せる気配から
上値を探る期待が市場には強い

ある程度のドル安材料がでたために
ドル高の期待感から買われている様子


120円一気に行くとは言えないが
ドル高を基本とした戦略で攻めていきたい


ドル円4時間足 展望

ドル円4時間足 当たらないことで注目を浴びておりますが、逆指標になることも一つの貢献と思い、書いております。 ドル円4時間足で見るとじりじりとした展開で上昇を見せておりますね チャートには今回EMAとmacdを表示しております。 108円を高値、107.3円を下値としたボックスで...