リンク

2015年1月19日月曜日

東京ガソリン売買分析

東京ガソリン
祝日のため夜間の動きは期待できないですが、明日以降も踏まえて。
下値抵抗としては46000円とみたい。
[スポンサードリンク]




2010円のときの46000円での下値固めをそのまま下値抵抗とする気配
上値では54000円を上値抵抗とする気配。

材料的には売られやすい所だが、下げをこれだけ継続しているだけに突発的な上昇が出てきてもおかしくはない、そのため動く前の仕掛としたいがある程度の動きを見てからの仕掛でも間に合うと思う。ただ値段は監視しないといけないというところがちょっと大変

ドル円の展望

ドル円
今晩は祝日ということで動きは期待できないが明日以降の展開として
基本的な動きは短期としては円高を探りやすい環境に見える
スイスフランなどの動きから世界的にリスク回避の展開との見方もあり
円安基調で動いてきたもののドル売りを見せてきても不思議ではない。
[スポンサードリンク]




下値としては115円の下値抵抗があり、
この辺ではドル買いという展開を見せることから
下値のそれほど深くないように見える。

そのため短期的な見方としてまだ円高の下げ余地があると想定したい。
115円を割り込んでくると今までのドル高が
一転して円高基調になったと考えたい。
そのため115円は下値抵抗として
それなりにしっかりとしたものとなるはず

上値としては116円から再び117円などに上昇する反発を見せてくると
底堅さからの期待からドルは買われやすい。
ただ今週はECBなどがありその動向を見てからの展開との声もある
織り込んだ動きを見せてくることもあり、
120円突破してくるのか115円割り込みを見せるか注目のところ

東京金の展望

海外市場の休日を見越して 東京金

商品先物 東京金
夜には海外が祝日ということもあり、市場の動きは一旦落ち着きを見せています。
急騰に対しての利益確定の売りが見せており、売り方の踏みもあるようですが売りの方が優勢のようです
ドル円の動きが再び116円を見せる気配から円高の影響も踏まえて下げている様子。
[スポンサードリンク]




この下げに対しての買いをどう見るかに注目
下げても高値を買いたくないという動きから下げに関しては
押し目買いがすぐというより様子見ているところ。
ドル円が再び円安となると下げ止まるために
為替と尾の関わりを注視しつつ下げをどの程度まで見るか!?

午後から再びドルが下げてくると国内では売りが目立つ気配です。
祝日明けから海外での上昇に対する調整安を警戒しつつ買いたいところです。
ドルが不安定なために円高を引き付けて116円台はみたいところ

ドル円、豪ドル円、ユーロドル、トレード戦略

 ドル円  4時間足 104円から修正的な上昇を見せたドル円。これが底値になるのかどうなのか。 下段で国かるでは緑の玉から赤玉に変化、このまま残り時間が終わり4時間足の確定されるとさ上昇終了サインとなってくるところ 豪ドル円 4時間足 下段中断のテクニカルが下げ止まりを見せており...