2015年2月18日水曜日

ジムロジャーズ 中国の時代を読んで

2008年くらいに発売された本
ジムロジャーズの中国の時代。
ジム・ロジャーズ中国の時代
ジム ロジャーズ
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 92,762

あえて今読み返すからとても面白い。
中国という国に対しての見方がわかります。
メディアをみると中国のバブル崩壊などの警戒ばかり取りざたされておりますが、実際の中国の力はそんなものではない気がしてきます。
[スポンサードリンク]




札幌という土地にいるとアジア系の観光客の多さに尚更思うのかもしれませんが、そう簡単に潰れることがないと考えると中国の脅威を十分と考慮した思考展開をしていかないと負けると思いました。

今後の戦略としてやはり中国の位置はまだまだ重要であり、これが崩壊というシナリオよりもむしろ底力的なところに目を向けておいた方がいい。
崩れてからの復活の方が勢いがすごいかもしれません。

人民元もまだまだ油断できない所
4月からの展開に非常に期待をしています

0 件のコメント:

コメントを投稿

銭函の海は最高だ

 銭函 小樽と札幌間の中間にあり、都市部でもなく地方とも言い難いような位置。 札幌圏に近いからと言って発展はしていない そんな場所が銭函ですが、実は・・・ 海あり 山あり 馬もいる もちろんカフェもあり 高速インターもある。 想像以上に便利なんです。 そして何より景観がいい