リンク

2014年11月25日火曜日

日経平均ドル円から商品市場を考える

日経平均が上昇を続けており
15000円の底固めからの上昇が力強い
ただ市場的にはいつ暴落を見せるのか!?という不安感も拭えぬまま
市場の観察が続いているところ。
このままどこまで行くのか
チャートからはやはり18000円をポイントとしている様子があり
ここからの売りの仕掛けは出てきやすい。
ただここまでの上昇材料も現時点では乏しいのも事実
つまりきっかけ待ち状態。
[スポンサードリンク]





ドル円
120円を試したいところから上値を探るが、上昇を見せるとたびたび出てくる
ドル売りに上昇の足を鈍らせられているところ
上昇の勢いが中々にぶらないことからもドルの底堅さを見せているが
上昇を支える材料も強いわけではないことから市場の風向き次第で簡単に円高を見せる展開となりそうだ。

商品市場
株やドル円などからも上昇したい気配を見せつつの動きを商品市場自体も様子見て仕掛けを待っているところ。上昇を見せてきても円安効果による上昇だけの内容の薄い上昇のところもあり
株などの急落で東京金なども引っ張られることもありそうだ。
ここから買うには高値掴みで嫌がられているようだが、売り方には厳しい展開を見せているのも事実のためまだまだ膠着状態、もしくはじり高を見せる気配がある。

全体の動きを見つつの仕掛けとしたい
月末となりだましの展開に振り回されないように仕掛けを待ちたいところ

上昇を続ける東京金

東京金
4500円台を維持しじりじりと
上昇を見せている東京金です。
円安などが上昇の要因としており、
なかなか下げを見せてくれません。
[スポンサードリンク]




日経平均がまだ下げを見せていないことが
東京金の買い材料とされており
一気に株の暴落を見せたときのヘッジとしての東京金が
役割を担っている以上はさげづらいのかもしれません。


円安の材料が乏しくなってくると
東京金の上昇材料も乏しくなり、
株の上昇が鈍くなると金も高値感からの
買いが入りづらいとみています。

ドル円が120円でも着けてくると
いったん調整的な円高を警戒して、
買いが鈍くなりその時に金の利益確定の売りが
出てくるとみています。

その際にこれだけの上昇を見せているため、
調整と言えども下げ幅はある程度のものを期待。

下げがいい気に来ると提灯筋がついて、
さらなる下げ幅となる見込みです。

ドル円の落ち着きや株の下げ傾向を見せるまで
どこまでの上昇を見せてくるのか
ここが注目点と考えています。


ドル円、豪ドル円、ユーロドル、トレード戦略

 ドル円  4時間足 104円から修正的な上昇を見せたドル円。これが底値になるのかどうなのか。 下段で国かるでは緑の玉から赤玉に変化、このまま残り時間が終わり4時間足の確定されるとさ上昇終了サインとなってくるところ 豪ドル円 4時間足 下段中断のテクニカルが下げ止まりを見せており...