2014年11月20日木曜日

東京金売買分析

東京金
4502円を付けた。ドル円も118.65円
素直に強い展開と認めざるえを得ない状況でした。
今後の展開が非常に気になるところですが、2円といえども4500円を超えて終えている点から上値の警戒をしておきたい。
[スポンサードリンク]




ただ乱高下する材料が多々あるので再び上下の揺れも大きいかもしれない。
東京金はドル円が120円を見せるまでは浄書を続けるのか。

日経平均がしっかりとしているがここのところ不安定要素がたくさんでている、
そのため株のヘッジとしてドル円が買われており、その恩恵なども踏まえて金もヘッジとして買われている。

つまり株のヘッジ要素がなくなった時に金の暴落を期待したい。
株が下がれば再び株への資金シフトがでてくるが、現状では難しい。

かといって株を買うには不安要素のある値位置のため大きく変えない。
そこで出てきたのがドル円。さらに円安効果期待からの東京金

この図式をしっかりと踏まえたうえでの仕掛けとしている。
もう少し上値見せるかな。




めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った「商品先物取引」入門 目からウロコのチャート分析編
小次郎講師 ダイヤモンド・ザイ編集部
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 90,291






東京金の売買分析

東京金
本日若干下げを見せています。
上昇に対しての修正安との声が多いですね。
月足からは4700円近辺に上値抵抗を見せており
上昇してくると4600円を上抜ける気配もありそうです。
下値としては4440円あたりに押し目買いとされやすい気配から
ここを割り込むと少し下値を探りやすい気配です。

[スポンサードリンク]





週足
4500円を上抜けると叩かれているところから、
ここを中期的な上値抵抗としている様子
下げて樹手に下げてきても押し目買いとされる気配から
上値期待されているようです。

日足
2月の上昇と同じような展開を見せており、
ここが調整となると高値から80円ぐらいの下げで終えそうだ。

4545円から80円幅とみると4465円、
本日安値ですでに割り込んでおり、
ここで終えてしまうのか!?
引けにかけて4500円を上抜くと下げ終了感が市場に出てくる気配。
4500円を割り込んでくるともう一段の下げ期待となり
4400円近辺を視野に入れたいところ


ドル円4時間足 展望

ドル円4時間足 当たらないことで注目を浴びておりますが、逆指標になることも一つの貢献と思い、書いております。 ドル円4時間足で見るとじりじりとした展開で上昇を見せておりますね チャートには今回EMAとmacdを表示しております。 108円を高値、107.3円を下値としたボックスで...