リンク

2014年11月11日火曜日

商品先物 東京金の分析

東京金
ドル円がしっかり通しており115円を再び見せています。
ドル建て金は下げを見せていませんが、
ドル高の影響から売られることも想定しておきたいところ。
そのため金下落の気配を見せています。
[スポンサードリンク]





再び4250円を割り込むと下値の警戒

上値の重さを見せていることからも
4200円割れの警戒とされる声も出ているところ

下げを見せずに上昇を見せてくると
4300円を試そうとする展開。

そうなると下値の底堅さを見せていることから
しっかりとした上昇を見せそうです。


調整安を見せた東京金、ここから買戻しを見せれるか

東京金

想定通り調整安を含めた下げを夜間に見せました。

前日の上昇を打ち消すほどの下げではなく調整的な下げ幅であり
日中の展開が注目のところ
[スポンサードリンク]





4250円の下値抵抗を意識した展開を見せてくると再び上値を試すところ
4300円に届くような材料が出てくれば面白いのですが、現時点では材料不足

現状ではダラダラと売られやすい環境のため4250円の下値抵抗に焦点を合わせておきたい
4230円では強めの下値抵抗を見せており、この辺では買戻しの警戒があることから
売りの深追いには気を付けたいところ

為替はドル円がしっかりとしており、115円をにらんだ展開となることから再び円安を見せてくると金が売られてくる展開となる
為替の動きが鈍いとドル建て金などに買いが入り上値試す展開となってきます。

ただ材料的には上昇続ける材料とするにはドル建ての上昇はそれなりに欲しい所なので
戻り売りには注意したいボックス圏の展開かもしれません。

ドル円、豪ドル円、ユーロドル、トレード戦略

 ドル円  4時間足 104円から修正的な上昇を見せたドル円。これが底値になるのかどうなのか。 下段で国かるでは緑の玉から赤玉に変化、このまま残り時間が終わり4時間足の確定されるとさ上昇終了サインとなってくるところ 豪ドル円 4時間足 下段中断のテクニカルが下げ止まりを見せており...