2014年9月10日水曜日

ユーロ円の売買分析

ユーロ円
年明けから上値重い展開を見せているユーロ円

去年までの上昇がここで下落基調に変わるのか注目
日足では反発をしてきているが週足、
月足ではまだ下値の警戒をしておきたいところ

目先の上値抵抗として138円をポイントとしておきたい
ここを超えてきたときに売りたたかれることがないと、
底打ちという展開から上昇基調になってくる

138円で売りたたかれてくると警戒だ

ここで戻り完了とされてくると今度の下値は深くなる警戒のところ

東京金の上昇パターン

東京金

午後からじりじりと上昇を見せている
ドル円がしっかりしており、ドル建て金もしっかりとしていることから
上げ材料しかない状態。
上昇の幅が小さいので国内ではじりじりとした上昇であるが
4300円の高値を超えてくると様子が変わることもある

上値には寝やすい展開
材料が上昇に味方しており、買いやすい所。
夜間から調整的に下げることを警戒するのであればデイトレとなる
ここから売り込めるかというと売るには材料がない

そうなると買いやすい展開から、どの水準で提灯筋がついてくるか!?
やはり4300円が一つのポイントのような気もする

iphone6発表からドル円の展望は

アップルがあたらしいiphoneを発表しました
iphone6

ここからドル円がどう展開してくるか考えてみます。

単純の今回の発表内容は新機能や新商品がでており、市場期待は強いとみています。
発表されたばかりだからかドル円事態にそれほど動きは見せていないですが、私の見解としては米経済の底上げに貢献する内容と思いますので、ドル円はじりじりとでも上昇を見せてくれるとみています。

これから発売などになりますが、その発売の状況により再びドル円の乱高下あると思いますが基本スタンスはドル高と思っており、円安方向で攻めていくつもりです。




No.1エコノミストが書いた世界一わかりやすい為替の本
上野 泰也
かんき出版
売り上げランキング: 42,931

ドル円4時間足チャートとアフターコロナ

アフターコロナが始まり 銭函にも人が増えてきています。 ただ北海道はまだ寒い日があるので、週末と言ってもそれほど人はいません。若干増えた程度。 それでも止まっていた経済が動き出した感じがしており、少しでも地域が盛り上がってほしいところです。 ただ問題はウィルス対策 コロナとは一緒...