2014年4月30日水曜日

ガソリン、東京ゴムの分析


東京ガソリン

崩れている展開です
上昇に失敗したことから売られており、上値重い展開です
下値を探る展開から下値警戒としたいです。


東京ゴム

このまま下げを見せてくると調整高終了となり200円割れを再び警戒です
直近安値更新の展開なってきます。
ただ180円台に入ってくると再び押し目買いの警戒をしておきたいところ

上値の警戒としては208円を再び上抜いてくると上値期待が出てくるところ
210円を超えても買われすぎ感がなく212円を上値抵抗とした展開です。

貴金属の分析はこちら

貴金属の商品先物分析

東京金

休み前の上昇が消されてしまった展開です、
上値に対しての警戒があり下値注意のところ
4250円の下値抵抗を割り込むと4220円割れ警戒となり
ここを割り込むと4200円割れも視野に入れておきたいところです。

上値では4280円を超えてくると4310円の上値抵抗を試そうとする展開です。


東京白金

下げを見せましたが押し目買いが入っており、
下値に対しての底堅さを見せています。
下げを見せずにあげてくると4760円越えを
意識した展開となり上値期待が出て気配です。

4730円を割り込むと押し目買いは調整的な上昇だけとなり、
再び下値を探る展開となってきます。

ゴムの戦略

ゴム
朝方に上昇を見せています。
シンガポールの上昇などの影響ですが今後がどう出てくるか
シンガポールでは上値抵抗にぶつかる展開から
下げに注意したいところです。
上海ゴムを見るともう少し上値余地もありそうですが、
高値から売られているところを見ると、上値に対しての警戒を見せている様子。

国内は海外の展開から上昇してのスタートでしたが、
上値に対しての警戒も海外同様にあるようなので
212円あたりの戻り売りや210円前後の売りに注意しておきたいところです。

ドル円4時間足チャートとアフターコロナ

アフターコロナが始まり 銭函にも人が増えてきています。 ただ北海道はまだ寒い日があるので、週末と言ってもそれほど人はいません。若干増えた程度。 それでも止まっていた経済が動き出した感じがしており、少しでも地域が盛り上がってほしいところです。 ただ問題はウィルス対策 コロナとは一緒...