2014年2月25日火曜日

商品先物の売買戦略

動きの激しい展開が続いております。
私のところもばたばたとなっており、忙しい日々です。

日経平均なども動きを見せており、株式、商品先物、FXとどれもこれも魅力的ですね。

東京金
上昇を続けている金ですが、週足を見るとまだ一目均衡表の雲を上抜けしておらず、基準線と転換線のクロスが近いことから、月末に近辺に急展開もありそうなので注意したいです。
4415円を超えると買い玉の決済も見せており、戻り売り注意のところですが、上抜けてから割り込んでこないとそこがためと成りもう一段の高値警戒となりそうです。
下値では4370円では押し目買いとされている気配があります。

東京白金
高値から反落を見せており、一目均衡表の雲を上抜けてくると売りの警戒を見せているようです。
下値では4737円では押し目買いとされていることから、上値を探る気配をみせています。
4800円を超えてきても上げすぎ感がないところです。

東京ガソリン
上げ下げを繰り返しもみ合いを見せています。
下値では81350円を割り込んで買いが出てこないと、80400円を次の押し目買いのところとされているようです。
上値では82520円を超えてくると久々の雲を突破することから、上値期待が出てきます。

東京ゴム
226.5円では戻り売りとされている気配から、この辺では売りに気をつけたいところ。215円前後では押し目を拾う動きを見せており、押し目買い警戒です。ただ押し目買いの勢いが弱いと売りが出てくるため210円を視野に入れた展開を見せそうです。

米経済への楽観論

[ワシントン 24日 ロイター] -米国を襲っている異例の寒さが第1・四半期の経済成長を抑えるだろう。しかしエコノミストの間では、その後に持ち直しの動きが見えてくる可能性は大きく成長率は次第に上向きになる、との楽観論に動揺の気配はない。

第1・四半期の国内総生産(GDP)成長率は、非常な低温と、米国の大半の地域を見舞った大雪や凍結などの悪天候のために最大で0.5%ポイント押し下げられる見込みだ。

天候に加え、企業による在庫圧縮の動きや、長期失業者向け給付の失効といった一時的な要因もマイナスに働く。

ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、ライアン・スイート氏は「足元の減速により、すべての人の経済に対する楽観姿勢が試されている。しかしこれまでのところはソフトパッチ(一時的な鈍化傾向)にすぎない。住宅以外では、最近のデータがファンダメンタルズの変化を示唆しているとは考えていない」と語った。

同社は今年の米成長率見通しを3.1%に維持しており、他のほとんどのエコノミストも、1月の大雪で雇用から小売売上高、製造業活動に至るまで急ブレーキが掛かった後でも、年間成長率見通しに修正を加えてはいない。

もっとも2月も大半の期間はひどい天候だったため、しばらくは低調な指標が続くもようだ。

ゴールドマン・サックスのエコノミスト、デービッド・メリクル氏は「気象条件が平年の基準から大きくかい離した場合、経済指標に影響を及ぼし得る。2月はこの冬で最も厳しい月のように思われ、まだ最悪時期はやってきていないことがうかがえる」と述べた





ドル円4時間足 展望

ドル円4時間足 当たらないことで注目を浴びておりますが、逆指標になることも一つの貢献と思い、書いております。 ドル円4時間足で見るとじりじりとした展開で上昇を見せておりますね チャートには今回EMAとmacdを表示しております。 108円を高値、107.3円を下値としたボックスで...