2014年2月14日金曜日

2/17商品先物の戦略

東京金
4300円を上抜けずに終了。
為替の円高の影響から下げを見せてましたが、海外の金が上昇を見せていました。
4245円を下値抵抗としており、ここを割り込むと4224円を割り込む気配
4275円を再び上抜けると4300円越え試す気配です。

東京白金
下値抵抗が4645円とし上値抵抗を4737円とする気配です。上値抵抗近辺からの戻り売りに注意しつつ、上抜けてくると4800円を視野に入れる気配です。4645円を割り込むと4600円われを見せる気配があります。

東京ガソリン
方向観がまだでてこないところです。81000円を上値抵抗としているところから、ここを上抜けると82000円あたりからの戻り売りにも気をつけたいところ。79790円を割り込むと雲を下抜けることから再び下値を探る展開を見せる気配です。

東京ゴム
じわじわと下げていることから下値警戒感の声も出ています。228円を上値抵抗としており、ここを上抜けると230円を超えてくるところ。下値では220円を下値抵抗としているために、この辺でも買戻しを注意したいです。抵抗を割り込んでくると210円を視野に入れた展開を見せる気配です。









タブレットを使ってfxや商品先物をする人が非常に増えている

一昔前まではスマホで売買というのが、主流でした。
最近では、タブレットが老若男女使うようです。

そしてそのときに、タブレット操作が皆さんの最大の問題点になるそうです。
これだけは取引会社の担当者に聞いてもすぐさまわかるものでもありません。

タブレットといっても沢山あります。毎年毎年新しい物が発売され、操作が変わり
嫌になってしまいますね。

そんななかのアドバイスです。

わかりやすい操作方法として私はipadをお勧めします。
これはiphoneからもそうですが、操作方法が統一されており、直感で操作しても扱えるようになります。
しかも、ipadと担当の方に伝えれば、操作方法はひとつしかないので、売買のやり方についても問題なく進めることが出来ると思います。

やまりスマホでチャートなどの分析ソフトを見る場合は、画面が小さすぎますね。




ドル円4時間足チャートとアフターコロナ

アフターコロナが始まり 銭函にも人が増えてきています。 ただ北海道はまだ寒い日があるので、週末と言ってもそれほど人はいません。若干増えた程度。 それでも止まっていた経済が動き出した感じがしており、少しでも地域が盛り上がってほしいところです。 ただ問題はウィルス対策 コロナとは一緒...