2014年5月22日木曜日

貴金属の分析

 東商貴金属は、プラチナ系貴金属(PGM)が堅調。PGMは英ジョンソン・マッセ
イ(JM)の供給不足見通しや南アの供給不安などを受けて買い優勢となった。    

 英JMの供給不足見通しなどを受けてパラジウムのドル建て現物相場が2011年8
月以来の高値832.90ドルを付けた。ロシアの供給に対する懸念や米中の自動車販
売増加などが背景にある。25日のウクライナ大統領選で欧米の対ロ制裁が発動される
と一段高の可能性が出てくる。一方、南アでは鉱山会社と鉱業建設労働組合(AMC
U)の労働裁判所での調停が始まった。スト終結につながるようなら、利食い売り主導
で調整局面を迎える可能性が出てくるが、中長期で強気見通しに変わりはない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

銭函の海は最高だ

 銭函 小樽と札幌間の中間にあり、都市部でもなく地方とも言い難いような位置。 札幌圏に近いからと言って発展はしていない そんな場所が銭函ですが、実は・・・ 海あり 山あり 馬もいる もちろんカフェもあり 高速インターもある。 想像以上に便利なんです。 そして何より景観がいい