リンク

2013年7月30日火曜日

商品先物戦略


一目の雲をしっかりと意識して下げを見せています。
月末ムードで動きも閑散としてますが、まだ油断は出来ないところです
4212円を上値抵抗としている節があり、戻る売り警戒ですが
4250円近辺までは、それほど強い抵抗を見せていないので
この勢いがあるとこの辺までの上昇を見せてきます。

白金
4600円を上値抵抗としている気配もありますが
4653円の上値抵抗を注意しておきたいです、
ここを上抜けると上昇の勢いを見せてきますが
ここまでは、戻り売りとされてくるために下値を探りやすいです。

下値としては4529円を割り込むと、雲を下抜けるために
下げ圧力が強くなりそうです。

ガソリン
下値73230円を意識し、上値75090円を意識した展開です
下値を割り込まないと、じわじわと買われやすい地合いとなり
上値抵抗を視野に入れた上昇を見せてきます
下値抵抗を割り込むと72350円の一目の雲を意識した下げを
見せてくるところです。

ゴム
上値抵抗を意識したポジションを見せていますが、
下げの勢いも無いので反発を警戒したいです。
再び243.5円を超えてくると押し目完了感から
249.4円を視野に入れた展開を見せそうです。



金融・投資 ブログランキングへ


-->


運用成績


kita_kuni1976@yahoo.co.jp


問い合わせ

北の国から商品先物取引



ドル円戦略

ドル円
動きを見せずに月末の様子見ムードをみせています
98.20円を上値抵抗とした展開となり
下値では97.50円を下値抵抗とした展開です。

動き的に材料街をしている気配があり、
午後からの流れに市場のムードが便乗して傾く気配です。

動く前の仕掛けよりも、多少動いてからでも間に合いそうなので
しっかりとみてから仕掛けたいところです。




金融・投資 ブログランキングへ


-->




運用成績


kita_kuni1976@yahoo.co.jp


問い合わせ

北の国から商品先物取引



円高材料

総務省が30日発表した労働力調査によると、6月の完全失業率(季節調整値)は3.9%で、5月(4.1%)から改善した。ロイターが民間調査機関に行った聞き取り調査では4.0%が予測中央値だった。
一方、厚生労働省が発表した6月の有効求人倍率(季節調整値)は0.92倍で、5月から0.02ポイント上昇した。これは2008年6月の0.92倍以来、5年ぶりの高水準。ロイターの事前予測調査の中央値の0.91倍を上回った。

有効求人数は前月比1.2%増。有効求職者数は同1.0%減となった。

ドル円を売る材料としてはちょうど良いものとなっているため
円高とされやすいところになってます。


金融・投資 ブログランキングへ


-->




運用成績


kita_kuni1976@yahoo.co.jp


問い合わせ

北の国から商品先物取引



ドル円、豪ドル円、ユーロドル、トレード戦略

 ドル円  4時間足 104円から修正的な上昇を見せたドル円。これが底値になるのかどうなのか。 下段で国かるでは緑の玉から赤玉に変化、このまま残り時間が終わり4時間足の確定されるとさ上昇終了サインとなってくるところ 豪ドル円 4時間足 下段中断のテクニカルが下げ止まりを見せており...