リンク

ページ

2019年7月20日土曜日

口座開設として

国内での口座
色々とある。何よりも国内ということで安心感が違う
そして、国内でFX口座を作ると顧客保全などから、ギャンブル的な要素が下がる。
これは最初にFXを理解する上では、重要だ。
何もわからない段階でお金だけが無くなるのは意味がない。
まずは、仕組みを徹底して理解し、相場を探求する流れにしてほしい。


2段階

これは次へのステップ。
自分のやり方が確立し、ある程度見込めれるようになってくれば、ルールの徹底だが、ルールを徹底できるようになれば、次は海外口座

何故か

レバレッジが断然に違う。
つまり、資金効率のスピードが天と地だ。

我々は時間軸の世界に生きている。
だから、時間を無視できない。
それは、年を重ね、
やがて寿命を迎える。

あの世にお金を持っていけない。

お金を使うのは、この世だから。

スピードの違いを実感したいなら海外口座のレバレッジが高いものを使う

ただし、ここで大事なのはレバレッジが高いという言ことは
無くなることも早い。

だからこそ次の段階というステップアップのレベルになる。

ここは重要だ

やり方がわからない、不安などは、一緒にやることで少しでも解消できたらと思う。
会費は必要ない。

なぜならXM口座を開設し利用することで、私にはアフィリエイトが収入として入る。
だから月会費は必要ない。
売買だって急ぐ必要はない、たまにでもいい
好きなタイミングだけやればいい。


相場を一緒に監視しともに歩むだけだ。

リアルFX取引口座を開設する



2019年7月11日木曜日

銭フェスが始まる。フェスですよ

銭函に住んでいる私としては見逃せないイベント
銭フェス
銭函を使って、街を使った音楽フェスティバルです。
銭フェス

音楽の祭典ですよ

トレードもいいですが、フェスも良いかもね






2019年7月1日月曜日

日常的に値段を監視する場合

24時間チャートを見続けるのは、結構暇です。
見てるつもりでも寝てる時もあります。
そして夢でも値動きを見てる。
だから夢と気づかずにそのままってことが多々ありました。

トレードを本業でやる方は、ずっと監視している人も多いと思います。
当然、指値とか時間を決めている人もいるので全員ってわけではないです。


そんなチャートだけを見続けるのもつらいって方には朗報。

使ってる人も多々いますが、ネット動画を有料で契約すると、びっくりするくらい暇な時間がつぶれてきます。
もう中毒ですよ。

昔であればレンタルなってことが当たり前でしたが、今はネットで何でも見れる。
無料もありますが、有料の良さは通信環境の優秀さと豊富さにあります。

無料だけで時間を潰そうとした時も多々ありますが、私はアマゾンプライムを契約して人生変わりました。
海外ドラマオタクになりそうです。

おすすめですよ



2019年6月27日木曜日

大循環分析も利用しています

ドル円のチャートです
大循環のチャートです
参考にしています。

Chart USDJPY-cd, H4, 2019.06.27 03:02 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Real









2019年6月26日水曜日

面白いFXの話を見つけた

お金を使えば様々な物語が生まれる。

そこには欲望があり、その欲望がまた面白い
【これが現実】FX・株・仮想通貨で地獄を見た人たち

地獄天国と繰り広げられ、聖杯をめぐって日夜研究や情報収集、システム購入など様々だ。

実際に地獄を味わっている人もいれば、天国を味わっている人もいる

常に地獄か天国ではなく

地獄と天国は背中合わせでいつも一緒にいることを踏まえておきたい。


皆さんはどんな情報をお使いですか?



2019年6月25日火曜日

強烈だ、ドル円

ドル円が強烈ですね
一気に下げてきました
調整的な買戻しを警戒しつつ、戻り売りとの声があります。
買っても短期的な勝負になりそうです。それなら
売りで勝負した方が無難ですね。

トレードを一人でやるのもありですが、一緒にやるのも面白い



2019年6月21日金曜日

RCIが面白い

最近RCIに注目しております、
様々なRCIがあり、それらを組み合わせて見ていると面白い展開が見える時があります。
当然、100%ではない、高い確率化と言われると、そこまで調査はしてないです。

ただ今まで気にもしてなかったRCIを新たな目線で見ることで気づきなどもあり、面白いと感じてます。






2019年6月12日水曜日

ご無沙汰しております。

ものすごくバタバタした展開が続いておりました。
忙しくて、てんやわんやです。

とりあえず民泊の管理をすることになり、管理業のノウハウを自分なりに完成し、業務を回転させているところです。

民泊の面白さは人に会うことですね
こちらはスマートロックなのでチェックイン無しで部屋に行けるようにしていますが、たまに顔を合わせる機会があり、翻訳機を使いながら異国の方と会話をします。

やはり人は人に出会ってなんぼの世界のような気もするところです。

フロントとして一階に事務所を構えており、来客はいつでも大歓迎です。
たまに来客時に人が重なるときがあるので、その時はお許しください。
日にちを改めるか時間を改めてもらってます。

何時でも遊びに来てください






2019年2月18日月曜日

ドル円
下げに対して一服感を見せるか注目
110.20円を割り込んでくると再び下値を探る展開から、110円割れを視野に入れておきたいです。
上値としては110.70円を超えてくると再び111円を視野に入れた展開を期待しております。

ユーロ円
下値からの上昇がどこまで維持できるか、
125円前後では上昇を見せても上げ渋る気配があり、上値の重さを見せる気配もありそうです。ただ125円を維持してくると下値の堅さを見せているので買い安心感が出てくるところ
下値では124.30円を割り込むと下値期待も出てきますが、123.70円あたりの下値抵抗も意識しておきたいところです。
ここを割り込むと再び下値探りの展開となるところ


ポンド円
143円を上抜けていくまでは戻り売りとされやすいので注意したいところ
再び142円を割り込んでくると上値の重さから下値を探る展開となりそうです。
レンジの動きとなりそうな気配





2019年2月5日火曜日

本日の戦略

ドル円
110円からの伸びが一服した様子
再び押し目とされてくるか注目したい
109.77円に下値抵抗を見せており、この前後からの押し目買いに気を付けたいところ
上値では110円の節目が再び注目されてくる。
110円に入ってくると買いの強さから上値を探りやすい気配

ユーロ円
円安からの上昇を一服し125.67円を割り込んだあたりからの買いが出てこなければずるずると下値を探りやすいところ
125.67円越えを維持してくると再び高値を試す気配

ポンド円
円安からの一服感から再び押し目を探る気配
143.22円を下値抵抗としており、ここを割り込んでからの買いの勢いに注目したい
上値では143.47円に上値抵抗があることから、ここを抜けていくと高値更新期待となりそうです。






2019年1月31日木曜日

本日の戦略

ドル円
一気に下げを見せてきた
下げに対する買い戻しをどこまで見せてくるか
109.20円の上値抵抗を意識してくる気配から、戻り売りとされやすいところ


ユーロ円
上抜けの気配を見せたが売りも出てきて上ひげとして見せている
再び上値を試す気配から上値期待のところだが、125円を割り込むと上値重く下値を探る気配、

ポンド円
142.70円に下値抵抗を見せており、ここを割り込むと再び下げ足を速める気配
上値としては143.60円に上値抵抗を見せている
戻り売りとして狙われる気配





2019年1月30日水曜日

本日の戦略

ドル円
戻り売りを継続しているところ
109.40円を超えてくると売り圧力を見せており、109.20円台に入ると買い戻される展開となっています。
戻りが弱くなってくると109.10円割れを見せてくるところ。
109.30円割れから回復が重くなってくると下値警戒としたいです。


ユーロ円
レンジの展開
125.25円近辺から124.60円前後を意識した展開
抜けてきた方向に動き出す気配からしっかりとみておきたいところ

ポンド円
崩れていますが142.70円台からの買い圧力を確かめたいところです
利益確定の買い戻しや押し目とされやすいところなので注意
上値では143.50円に上値抵抗があり、戻り売りとされやすいところ






2019年1月29日火曜日

本日の戦略

ドル円
ジリジリト戻り売りをみせており、下値を探る気配、
調整的な上げに気を付けたいが戻り売りが優勢のように見えます、
上値抵抗として109.57円を超えてくると押し目完了感からの上値探りの展開となりそうです。

ユーロ円
じりじりと上昇をしてきましたが、調整安を警戒しておきたいところ。
このまま上値重く125円越えを維持してこれないと124.60円を下値抵抗とした展開となりそうです。
再び125円を見せてくると直近高値更新期待となってくるところ

ポンド円
調整安気配
下値警戒しておきたいところ。
143.23円を下値抵抗としている様子から、この辺りで押し目買いが出てくるか見極めたいです。
再び144.20円を超えてくると押し目完了感から直近高値を試す展開となる気配









2019年1月25日金曜日

本日の戦略

ドル円
買い戻しもしっかりと見せていますが、下値探りを継続している様子。
109.85円に上値抵抗を見せています。
下値では109.40円を割り込むと下げ足が早くなる気配


ユーロ円
123.97円を上値抵抗とした下値探り
下げに対する買い戻しを警戒したいところですが、もどしても戻り売りとされてくる気配。
123.70円あたりから押し目買いとされる気配があり注意しておきたいところ

ポンド円
上値抵抗143.90円とした展開、ここを上抜けないと上値の重さから売りが先行しやすいところ。
現状調整を含めた下値を探る気配がある。
142.30円が下値抵抗となり、ここまでは押し目買いとされる気配






2019年1月24日木曜日

本日の戦略

ドル円
109.85円を超えてくるとドル売りが目立ってきているところ
前回の上昇気配から下値探りの展開を見せてきているために下値期待です、
109円に下値抵抗としているところから、109円に近くなると押し目買いやドルの買い戻しを警戒

ユーロ円
124.85円あたりに上値抵抗を見せており、戻り売りとされやすいところ
ここ超えてきてもまだ戻り売りとされる気配から、抜けたからと上抜けとみるには時期尚早
下値では124.66円に下値抵抗を見せており、ここを割り込むと124.50円の下値抵抗を意識してくるところ
124円にも下値抵抗があり注意したいところです

ポンド円
143.80円を超えてくると一服感からの売りに注意したい
143.22前後でも売り買いが交差しやすくなるところ
下値では142円に下値抵抗をみせており、ここまで下げても調整安の範囲とされてきます。





2019年1月23日水曜日

本日の戦略

ドル円
じり安を見せているところから調整高気配を感じさせているところ
ただ下げが終わったとみるには時期尚早なところもあり、再び下げてくることも十分あるため基本はまだしたと見ておきたいところ
108.96円に下値抵抗を見せているため、この辺からの買い戻しに注意
108.50円の上値抵抗をこえてくると上値注意したいところ(109.50


ユーロ円
もみ合いのところ
動きが出るまでもう少し様子見たいです
上値抵抗124.50円、下値抵抗123.91円としているところ


ポンド円
調整安気配
141.43円に下値抵抗があり、この辺を維持してくると直近高値更新期待のところ
下値では141.43円を割り込み回復できないと140.68円の次の下値抵抗を意識した下げを見せそうです。






2019年1月22日火曜日

本日の戦略

ドル円
落ち着いた展開を見せていたところですが、警戒をしておきたいところ
上値の重さから下値を探る気配を見せており、下値警戒
109.32円を下値抵抗としている様子
上値では109.78円を上値抵抗としている気配

ユーロ円
上値ん重さを見せており下値警戒
再び124.78円を超えてくると買いの強さから底堅い展開を見せそうです。
下値では124.52円に下値抵抗を見せており、ここを割りこむと124.32円を次の下値抵抗としてくるところ

ポンド円
下げに対しての調整高のところ
このママm上昇を見せて141.43円超えを維持してくると、押し目完了感から上値探り安い
再び141.110円を割り込むと下値を再開する気配です





2019年1月18日金曜日

FXを学校の講義として

FXは教材になるのか
FXは投資としての機能はもちろんだが、本当は経済の流れを知るものである。
リアルタイムで経済を反映し、ニュースをチェックすることで肌で経済を感じることができる。
これは学校の教材として一番適していると思う。

ただ投資だから、ギャンブルだからという簡単な言葉で流す人たちはFXを知らない人だ。
知っていてもわからずにトレードをして損して頭来て辞めた人かもしれない。

経済の流れを肌で感じ、人の思考をテクニカル分析で読む、
スキャルピングで反射神経を研ぎ澄ます。

この文系理系体育系など様々な分野の生徒が参加しやすい教材はめったにない。

なぜFXを教材にされないのか⁉

答えは単純である。教えれる人がいない。儲かっている人じゃないと真実味がない。
これらの答えには理解はできるが、こういった思考は無意味である。

名選手と監督は常に同じではない。
教える側と結果を出す人は別である。

教える人は現状の教員で十分だ。経済の話など問題なく対応できる。
テクニカルなどは数学だ。全く問題ない。

教員を新たに増やす必要や新しい資格を取らせる必要はない。
なぜならFX自体が社会経済の延長にあるものだから。

大学生がトレードに参加する話を聞くと非常に細かい分析をしている子たちが多い。
柔軟な思考はやはり柔軟な答えを見出している。
これが実際のトレードの儲けとか損とか、そういう観点ではなく、経済としての観点で見てほしい。

そして、トレードを早い段階でしることで注意点をしることもできる。

FXは自分を知る社会勉強にもなる。
自信を持ってい社会に挑むのはOKだ。
問題は挫折の経験が少ない少年時代を過ごした青年たちは、成年後に転んだことで起き上がることに恐怖を抱く。自分たちの器をあまりにも過大評価しすぎていたからだ。
この過大評価は通常必要なことだが、実際の自分とかけ離れてしまうと、社会が乗り越えることが絶対に難しいくらいに困難と感じてしまう。
こうなってはいけない。

FXを通して自分の癖を知り、仮取引などで自分の落ち度や自分の設定ルールを守れない自分との戦いを痛感してほしい。
こういった失敗を経験することで自分を知り社会経済を知る。

そして、終わることのない勉強を知る。


FXを通したトレード学校なるものが作りたいです。
そこに学費としてお金を取ると意味がない。義務教育的にだれでも受けることができることが前提でないと意味がない。
だからこそ安定資金を得ることが重要で、安定資金をトレードで!と考えていた若かった自分を叱ってやりたい。






本日の戦略

ドル円
下値からの反発を見せて上値を探る展開
109円割れからの買いがしっかりと入ってくるようすから底堅い展開
109.30円を若干上値抵抗としている様子から、調整安警戒





ユーロ円
124円を下値抵抗とした展開
押し目買いとされている気配から、下げを見せてくると買いが入りやすい気配
上値抵抗としては124.64円では戻り売り、利益確定の売りとされやすいために注意したい

ポンド円
上値探りの展開
143.23円を上値抵抗としているところ
下値抵抗では141.43円がある、調整安の気配から下値の警戒をしておきたいところ





2019年1月17日木曜日

fxリスク

FXのリスク
損失、含み損、負け
様々な言い方があるが要は逆に言った場合である。
上か下かの二分の一の確率ならば、利益も損も半分ずつになるはずなのにリスクの方が大きい

自分のトレードだけ見られており、その逆を市場は動いているに違いないと真剣に語った顧客もいた。
その気持ちは十分に理解できる

上がるか⁉
下がるか⁉
たったこれだけのことなのに、分析手法は1000以上にも及ぶ
下手すれば1万近くあるかもしれない。
組み合わせを考えるとそれはそれはとてつもない数だ。
それなのに、聖杯はまだみつかっていない。

FXのリスクをもう少し考えていきたい。
リスクとは損する可能性なのだが、この損には確定してしまう実損と含み損とある。
それ以外には睡眠不足の健康リスク
トレードばかりで家族サービスを忘れてしまう離婚リスク

以外に金銭以外のリスクもある。

これらのリスクを自分たちの中で処理できるかどうか
これが本当は一番最初に考慮しなければいけない案件なのだろう。




上がるか下がるか
確率だけで考えれば二分の一だが、なぜか負けが多いFX業界。

二分の一を言葉を変えると当たるか外れるか
この当たりか外れと言葉を変えると見えるものも変わってくる。
宝くじみたいなもの

宝くじにどれだけのリスクを背負えるか
宝くじは当たれば大きい。
だけど、当たらないことが前提になる。
ナンバーズも同じかな。

そういったことからリスクを考えて参加するなら健康や家族などを失う価値はない。
例え儲かったとしても健康や家族を失うメリットはないと思う。

これを考慮すると自然とトレードに参加するlotは各自見えてくる。
この見えた数量で市場に参加することで余裕が生まれ結果が変わる。

FXのリスクをただの損失として捉えると数字に騙される。
ここに気を付けたい





本日の戦略

ドル円
じりじりと上昇を見せ109円台に突入
ドル安材料が多い中の上昇となり踏み上げによる上昇との声も聞こえてきます。
107.75円をしたね抵抗と、110円の節目に上値抵抗としてきているところ
目先としては109.77円に上値抵抗を見せているところと
再び108.95円を割り込むと上値重い気配をみせてくるところのようです


ユーロ円
前回124.83円に上昇したときの幅が1円近くあり、今回123.38円からの上昇幅1円とすると124.38円くらいになることから、この辺からの戻り完了感にけいかいしたいところ
下値抵抗としては123.91円がありこの辺からの押し目買いに注意




ポンド円
上値を試す気配から買われやすく
再び140.66円を上抜けるともう一段の上値を試す気配
ただ乱高下もあるために上抜けても調整的な下げに揺さぶられそうです
下値では、139.44円に下値抵抗を見せていることからここを割り込むと上値完了感の展開となりそうです。
上値も重くなってくるとレンジの展開も十分あるので見極めていきたいところ



2019年1月16日水曜日

本日の戦略

ドル円
下値からの切り返しを見せており、上値を試そうとしたところ
上値抵抗もしっかりとしていることから、108.75円をしっかりと抜けていけるか注目
ここを上抜けると上値期待があるが、109円の節目でも戻り売りとされやすいために警戒しておきたいところ
下値では108.35円に下値抵抗を見せており、割り込みを見せても押し目買いとされる気配があるために要注意





ユーロ円
下値を探る展開をみせたが、123.91円を超えきたことから、ここを維持してくると押し目完了感からの調整高を含めた上昇を警戒したい。
再び割り込みを見せてくると、安値を試す気配

ポンド円
下値からの急騰により押し目買いの気配にも見えますが、もう少し上昇を維持してこないと再び戻り売りとされて下値を試すところ
139.44円に下値抵抗を見せており、ここを割り込むことで下値を試す気配をみせそうです。
上値では139.44円越えを維持してくると直近高値を試す気配






2019年1月15日火曜日

本日の戦略

ドル円
再びもみ合いに入ってしまっている様子
方向感を探る展開から上値108.40円を超えてきたら上値期待
下値では再び108円を割り込むと下値期待のところ
動き出るまで様子見

ユーロ円
下値探る展開から戻り売り気配
直近高値124.35円を超えてくると上値警戒のところ、
そこまでは戻り売りとみたい

ポンド円
じりじりと上昇を見せているところ
押し目を拾われているが139.44円を上値抵抗としている様子もあり
再びここを超えたときに維持できるか注目
下値では138.59円を下値抵抗をしているところがある
ここを割り込むと戻り完了感からの下値探りの気配








2019年1月11日金曜日

本日の戦略

ドル円
下値からの切り返しを再び見せてきており、上値期待が強くなってきている気配
上値警戒のところ
108.53円に上値抵抗を見せてきており、ここを抜けて維持してくると押し目完了感から上値を探る展開
下値では108.25円に押し目を拾う動きを見せている気配から、ここを割り込むと戻り完了感からの下値探りを見せる気配です

ユーロ円
方向感を探っているところのため
様子見たいところ
125.08円を抜けて維持してくると上値期待となり
124.33円を割り込むと下値警戒のところ

ポンド円
138.40円に上値抵抗を見せていることから、ここを抜けていくと上値期待を見せてくる気配
下値では138円を割り込むと再び下値探る展開となりそうです






2019年1月10日木曜日

本日の戦略

ドル円
久々に下げを見せてきた展開
ここで売り期待が膨らんでくるが、下げに対する戻りを警戒。
108.60円に上値抵抗を見せており、ここまでは戻り売りとされてくるところ
下値では107.73円あたりで押し目買いや利益確定の買い戻しに気を付けておきたい





ユーロ円
下げ渋りを見せている
125.68円の上値抵抗までは戻り売りの範囲とされているところ
そのため上げてきても売りに気を付けておきたい
したねでは123.90円では押し目買いとされやすいことから警戒しておきたいポイント
まだレンジの中の動きとみています

ポンド円
再び138.20円を割り込むと下値期待となってくるが、まだレンジの動き
上値では138.45円に上値抵抗をみせておりここを抜けていかないと戻り売りとされてレンジの中から出れない様子
下げ気配を見せているが、しっかりと下げてくるまでは警戒したい





2019年1月9日水曜日

ドル円

ドル円
上昇の勢いが落ち着き、下値期待を感じさせているようですが調整安の範囲なので注意のところ。再び108.50円を割り込むとドル売りとされやすく下値を探る展開を感じさせますが、慎重に生きたいところ




ユーロ円
124円を割り込むと下値期待が高まり売られやすいところ
上値では124.86あたりに上値抵抗を見せていることから、ここを抜けてくるともう一だぬわねを見せる気配です。

ポンド円
137.64円に下値値抵抗を見せていることから、ここを割り込むと下げに加速を見せてくる気配です。ただ調整安として再び買い戻しを見せてくる気配もあるので注意したいところ
上値としては139.83円を抜けると売り一服感から上値期待の展開となってきます



2019年1月8日火曜日

本日の戦略

ドル円
下値から切り上げを継続
直近高値を更新し上値探りを見せているところ
109円の節目が上値抵抗をされているようです。
下値では108.50円を下値抵抗とし、ここを割り込むと108円を次の下値抵抗としています
108円を再び割り込まないと下値を探るには難しいところ


ユーロ円
上値抵抗を125.67円としているところ
ここを突破すると127.20円が次の上値抵抗となり上値探り安い気配
下値では123.37円を割り込めないと押し目買いとされてくるところです


ポンド円
139.82円を上値抵抗として上値を探っているところ
下値絵では137.75円を割り込むと再び下値期待を見せてくるところです



2019年1月4日金曜日

本日の戦略

ドル円
下値からの買い戻しを見せているところ
再び107.90円後をを維持してくると108円台の推移を見せる気配があり要注意
下値としては下げを見せてくると上値の重さを表しており、再び下値試しの展開となってくるところ

ユーロ円
123.40円を超えてくると調整高をもう少し継続してくるところ
戻り弱く122.43円を割り込むと再び下値を試す展開となってくる気配です


ポンド円
136.70円の高値を超えてくると調整高をもう少し継続
135.58円を下値抵抗としているところから、ここを割り込むと下値警戒





2019年1月3日木曜日

本日の戦略

各通貨衝撃のスタートでした
ドル円
ユーロ円
ポンド円
そろって様子見です。





2019年1月2日水曜日

本日の戦略

ドル円
109.77円を割り込みを見せたところ
新年のスタートで戻りの警戒ですが、再び売られやすいために戻り売り注意
ただ上値抵抗が110.45円にありそこまで戻っても戻り売りとされやすいところ




ユーロ円
125.67円を割り込み買い戻しを見せているところ
下値抵抗とされている125.67円を意識した展開を見せる気配
上値抵抗は126.61円となり、ここを上抜けても127.22円の上値抵抗を意識してくるところです

ポンド円
再び138.82円を割り込むか注目
再び割り込みを見せてくると売り優先的な展開となりそうです
割り込まずに下げに対する調整高を見せてくると再びレンジの動きとなりそうです






必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。