リンク

ページ

2018年11月13日火曜日

ドル、ポンドサイン

ドル円、ポンド円が売りサインが決済となりました




このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





ドル、ポンド 売買サイン

ドル円の売りサイン


ポンド円売りサイン


それぞれ15分足です
そのため再び変わるかもしれませんが、現状はこのようなサインの状態。急落を見せたときは戻りがあるのでそこを注意して仕掛けたいところです。
ユーロはこれだけ下げていますが、新しい売りサインは出ていません。






このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





本日の戦略

ドル円
前日では上値抵抗を抜けましたが、結局再び売られて下値抵抗である113.75円前後を動いております。
ここからの再び上値を試せれるか、上値重く下げてくるか
気配的には上値重くじりじり下げる気配があり113.65円の直近安値を割り込む気配です。
銀行の仲値の時に動きとして上下があるかもしれないので、そこを注意しつつショートを狙いたいところ
直近安値を更新できずに再び上値を試してくると113.90円を超えて推移してくるところなので、底堅い展開を見せてきたらロングに切り替えいたいです


ユーロ円
戻り完了感から再び下値を試す展開
127円割れが期待されており、下値更新の気配です。ただ126.60円の下値抵抗もしっかりとしているところもあり、ここからの反発には注意しておきたいポイント。
戻り売りとしておきたいですが、128.45円を超えてくると下値の堅さから買いが入っているために買いの目線でも見ていくことになりそうです。

ポンド円
レンジの中で動いています
149.58円、142.58円。146.15円の現在では下値抵抗とされているところになるので、ここから反発を見せるか注意しておきたい。
仕掛けるなら割り込みを見せてからの戻りや、上値抵抗に近づいてからの仕掛け、146.15円からの反発から再び売られてきたところとしたいです。
下値では下値抵抗からの反発には十分注意



このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。