リンク

ページ

2018年9月25日火曜日

ドル円の展開

ドル円

113円には到達せずに失速、

このまま下げを見せるかというところで下げ渋りを見せています。
日足で見ると112.8円から113.20円では売り買いの攻防が見られそうなので、一気に突破となると材料待ちのところかもしれません。
本日の経済発表の関連ニュース時間帯には警戒しておきたいところです。




今後の戦略として

上昇と死して仕掛けるならしっかりと押し目を待ちたいです112.5円くらいまで下げてくれると買いも仕込みやすく、損切ラインも見極めやすいところ
112.41円が直近の安値としてここを割り込みしてきたときに損切を想定しておきたいですね。

売りを仕込むとするなら112.8円台に売りを仕込み高値更新をしてきたら損切を想定。

売り買い両方の戦略として、上げなのか、下げなのかハッキリしないのは意味がないと言われるかもしれませんが、仕掛けの仕方としてより目に見えるリスク対応のやり方として、狙った値段近辺まで引き付けてからの仕掛けを心がけるとリスクの幅想定し訳すなります。

ここを超えてしまえば上がってもしょうがないとか
ここを割り込むなら下げてもしょうがないなというラインをしっかりと想定しておくことで、そのラインまでを損切幅としてみれることで、仕掛けるロット数も考えやすくなり対応することが容易になってきます。




このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。