リンク

ページ

2018年8月30日木曜日

切り上げてきているドル円

ドル円

徐々に水準を切り上げとうとう112円も近くなりました。


112円に行く前に上値抵抗とされている112.80円に対してどういった動きを見せるか注目したいです。

ここを突破してもドル売りとされずに維持してくるのか
それとも利益確定などが優先しドルが売られ一度押し目を見せてくるか
または111.8円を超えずに押し目を見せるか

仮に下げて押し目を見せてくるなら111.40円を注目としたいです

この値位置での絡みが過去にもあり、再びこの一に下げてくると
売り買いが出てきやすいとみています。




下げ止まらずに下げてくると

111円割れを想定しておきたい

110.90円にも下値抵抗があり、
ここまでの下げを見せてくる期待があります。
ただそこまで下げても110円割れからの上昇トレンドが崩れていないことから
大きな押し目とされるところがあるので、下げからの反発には注意したい。

では112円台に突入した場合

112.30円の抵抗に注目

もみ合いかドル売りが出るかもしれませんが、上昇トレンドは崩れていないことから113円台への期待がありますね。


まずは基本を押さえておきたい
ボリンジャー・バンド入門 ― 相対性原理が解き明かすマーケットの仕組み (ウィザード・ブックシリーズ)
ジョン・A・ボリンジャー John A. Bollinger
パンローリング
売り上げランキング: 108,250


このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。