リンク

ページ

2018年10月4日木曜日

ユーロ円が注目だ

ユーロ円
4時間足ではじりじりと下げ足を見せている
ただ日足では上昇トレンドの押し目となる
この見極めが重要になりそうだ

上昇トレンドが崩れたとはいえないこの展開から、4時間足の下げに関しては押し目と見たい
ただそのまま下げを継続されてくると値幅も大きいので、仕掛ける戦略が重要になる。
131円の下値抵抗と130.70円前後を下値抵抗としたところを戦略としたい。

ユーロだけに振れ幅が大きく、それなりに幅を見ておかないといけないのがつらいところだが、130.70円割れに対して各自の損切値幅を想定した買い戦略。

ここを割り込むなら、下げトレンドを形成してくるところとみて、今度は戻り売り戦略をとりたい。


売ったり買ったりか!?と言われてもしょうがないが、上と下と両方の戦略を持ち柔軟に対応したい。負けたら負けたなりの対応をすることで傷が浅く治りが早い。
つまり傷の負い方も重要となる。

常に100%当たる神様になりたいが、現実はそうもいかない。
小さな人間である以上は人間としての戦い方がある。
それが知恵である以上、常に戦略を持ってい挑みたいと考えている




このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。