リンク

ページ

2018年9月27日木曜日

ドル円週末そして月末

FOMC金利政策発表後

市場予想通りの円高ドル売りの展開でした。

高値では113.10円を超えましたが結局売られて112.80円を割り込んでいます

この割り込みが再び買われるかに市場の注目は集まっているようです。





113円からの陰線を見せていることから調整色が強いとの声も聞こえてきますが、112.90円を超えてくると再び押し目を拾われている様子から再び113円越えを視野に入れておきたいところ


上値が重く112.65円を再び割り込むと112.40円を下値抵抗とした動きを見せるところのようです。







このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





2018年9月26日水曜日

ドル円113円

ドル円
ドル円が113円を目前としております
記事を公開したら突破しているかもしれない。
じわじわと上昇を見せており113.2円までの厚い層に対しての動きが注目です。

高値更新期待があり、ここを突破してくると上げ足もさらに速そうな気配からドルが買われやすい気配
ただ明日以降も継続するかは微妙なところなので、深追いせずにしておきたいところですね。




下げてくるなら112.80円からの押し目買いが強そうです。
そこまで下げれないかもしれませんが、下げたところの押し目は狙われている様子。

突発的なニュースによる転換も警戒しつつ狙っていきたいです


このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





2018年9月25日火曜日

ドル円の展開

ドル円

113円には到達せずに失速、

このまま下げを見せるかというところで下げ渋りを見せています。
日足で見ると112.8円から113.20円では売り買いの攻防が見られそうなので、一気に突破となると材料待ちのところかもしれません。
本日の経済発表の関連ニュース時間帯には警戒しておきたいところです。




今後の戦略として

上昇と死して仕掛けるならしっかりと押し目を待ちたいです112.5円くらいまで下げてくれると買いも仕込みやすく、損切ラインも見極めやすいところ
112.41円が直近の安値としてここを割り込みしてきたときに損切を想定しておきたいですね。

売りを仕込むとするなら112.8円台に売りを仕込み高値更新をしてきたら損切を想定。

売り買い両方の戦略として、上げなのか、下げなのかハッキリしないのは意味がないと言われるかもしれませんが、仕掛けの仕方としてより目に見えるリスク対応のやり方として、狙った値段近辺まで引き付けてからの仕掛けを心がけるとリスクの幅想定し訳すなります。

ここを超えてしまえば上がってもしょうがないとか
ここを割り込むなら下げてもしょうがないなというラインをしっかりと想定しておくことで、そのラインまでを損切幅としてみれることで、仕掛けるロット数も考えやすくなり対応することが容易になってきます。




このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





2018年9月20日木曜日

やっと落ち着いた。地震の後

夜中に突然の地震でした
私の住む小樽では揺れは微小でしたが、ニュースを見ると驚きです。
電気が止まり、信号なども機能してなかった
それでも事故などがなくスムーズに移動できたのは驚きでした。
お互いの譲り合いがそういった場面でも生きていたんだなと実感しております。

FXのほうはスマホのネットは動いていたので、すぐさまポジションは逆指値をして放置。
その後、スマホもつながらなくなりましたので、早めの対応でよかったと思っています。

電気復旧後はなぜかPCが動かず、修理に出していたのですが結局復旧のめどが立たずPCは役目を終えました。
そこで緊急ですが、かわりのPCを購入
スペックは以前と変わらないくらいの感じだと思いますが、とりあえずネットに対応することが現在はできているのでほっとしています。

ドル円は上昇トレンドを見せており、12:20の段階では、じり安のところ
このまま下げを継続するのかは14時くらいまでじっくりと見ておきたいです。

下げを見せてくると一度修正的な下げになりそうなので、下値の警戒
反発を見せてくるなら再び高値を試すところとみています





このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





2018年9月3日月曜日

もみ合うドル円

ドル円

下値に対しても買い戻しを見せた

かといって買われ続けるわけでもないために方向感を探っているようです
111.40円を超えてくるとドル売りを見せていることから
ここを超えてくるとドル売りの警戒と
サポートラインとしてくるなら次のターゲットは111.85円を想定しています。
ただここを超えても再びドル売りの警戒はするところです


下げを見せても超えてきたラインをサポートしてくるなら押し目完了感からの上値探りを期待したいところです。

ドルが大人しいため他通貨のユーロやポンドを中心に見ているほうがねらい目がわかりやすい展開のようです。




SNSを通してトレーダーと名乗る方がたくさん増え、実績をネットで公開することが増えました。
それらが本当かそうでないか!?を確認していくよりは、一つの参考として軽く受け取るくらいがよいかもしれません。

私自身も売買指示を提示しているわけではなく、○○が買っているようだ、△は仕掛け始めた、などの情報を集めて紹介しているくらいです。

それらの情報を参考にし売買戦略を練ってもらってます。
自分一人で情報を集めて精査していくには時間と労力がたくさん必要となり、その作業により時間を失ってしまうよりは集めたり精査するのは自分以外に任せ、売買のタイミングのみに集中できる環境づくりが不可欠に思えます。

一人でFX市場で戦うのもよいかもしれませんが、チーム戦のように役割を分けて戦略を立てたほうが勝率も上がってくると感じています。

絶対もうかる情報などが存在しない以上は、リスク対策等をメインに据えた戦略で対応していきたいところです



めちゃくちゃ売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門 改定版
ダイヤモンド・ザイ編集部
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 8,133


このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。