リンク

ページ

2018年7月27日金曜日

ドル円111円台

110.70円を若干割り込みましたが、押し目からしっかりと買いが入り111円を突破しました
日足では前日の記事の通り上昇トレンドを見せており、上値期待があるところ。
9時の段階では111.15円前後ですが再び買い場探しのように見えます。

ユーロは130円から128円のレンジにいるように思っているので、何ともできない状態です。だれか教えてぇぇ




ポンド円
日脚からダブルボトムを形成しているようなので押し目買いを狙いたいところ
145.50円が目先の安値ですが、ここをどう割り込むのか
もしくはここから反発となるのか注目しております。

色々な会社があり口座をどこで開設するか悩むところもありますね、一つの出会いがその後の人生に影響を与えることは多々あるので、色々な会社を利用したり色々な話を聞いて自分の感覚に合うところを選ぶのが一番いいと感じています。




このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





2018年7月26日木曜日

ドル円今後の展望

下値から徐々に切り返しを見せているドル円
このまま反発とはまだ早計に思いますが、
上値を探ってくるという見方をしておきたいですね
Chart USDJPY, D1, 2018.07.26 01:06 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo
見ずらかったすみません
下値の切り返しが見やすくなるかなと思いチャートを載せています
110.75前後がドル円の下値のポイントとなりそうです。
日付が進むにつれて下値のサポートも上がってくるので、
111円を突破できずにもみ合いが続くと下げを簡単に見せそうですね。

取り合えず安易な売りよりも押し目を拾い、111円突破にもたついてるなら早々に撤退がよさそうです。
逆に110.70円などをつけてくるなら戻り売りに切り替えたいところですね







このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





2018年7月23日月曜日

すごい下げたぁぁぁ

ドル円が7/2311:27時点では111円を割り込んだところです。
下げましたね
上値重くなったと思ったら下げた
気持ちがいいくらいの下げでした。

市場の声は下げが多数だったので、ドル売りで取りやすいと思った人も多かったと思います。
あとはこれからですね




110.901円を割り込んでくるとドル買いに対しての動きを見せているところもあり
この辺から売りと買いの攻防がありそうです。

111円割れとなれば安いところを拾っておくということも十分あり、
ドル買いの決済などもから上下しそうな気がします。

そのためどこから どう攻めようかと考えれば考えるほど迷ってしまい
もう少しもみ合いをいせるまでは新たな仕掛けは様子見しようかなと




このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





2018年7月19日木曜日

ドル円もしかして

ドル円が113円を付けてから重いですね
なんかちょっと期待してしまいます
11時の段階で112.70を割り込んでおり。112.80円を回復するなら売りは決済としたいですが、ここは少し期待を込めて売ってみたい感じです。

深追いすると上昇トレンドに波に攫われてしまうので、その辺のポジション調整はしっかりとしないといけないですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





2018年7月18日水曜日

早かった113円

ドル円あっという間に113円
早いですね
ここまで急騰したので多少下げても驚きもしない
現状112.90円で推移

112.50円まで下げても押し目とされそうです
113.4円まで戻して下げたドル円の回復が日足として完了するようなところですが、そのあとの展開も気になりますね。







このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





2018年7月13日金曜日

なんだか上値重いドル円

何だかじりじりと下げてますねドル円
ちょっと下げを期待したいところ

このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





112.70円から ドル円

10時を過ぎ少し弱含みを見せているドル円
このまま崩れてほしいというショート狙いも多いようですが、まだまだ油断はしておけないところ。
下げたところはドル買いの利益確定の売りとなれば、下げたところは押し目とされてくる。
オシレーターなどは数値が高いので下げると天井か!!という思惑になりやすいが油断してはいけない。大きな上昇トレンドの一時的な下げということもある。




今回の上昇にはM&Aがらみとの声があるために利益確定のドル売りは個人投資家などの動きに思える。となると下げも大した期待できないのか
それ以上に再びドル調達の動きがでると113円が早そうだ。

そうは思いながらも天井圏を売ってみたい欲望がものすごくある自分がいる



このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





2018年7月12日木曜日

112円だ

朝見ると112円
来ましたね、ドル高の声が多かったのですが予想以上に速い展開で到達

乱高下を見せるドル円となりそうですが、日足でみると大きく下げに転じたところが113.30円台です。ここからの戻しを上げ下げ繰り返し突破してきています。
110円を超えて61.8%を突破したことから100%戻しの113円台も視野に入れないといけないような気がします。

一気に行くとは言えないですが、上昇の基調を踏まえて仕掛けたいですね。
トルコ通貨は22円台、底堅いのかと思わせてちょっと崩れてるのが気になります。
まだまだ油断できませんね。

売買指示はしておりませんが、売買相談や口座の開設する会社選び、PCの操作方法などは相談に乗らせていただいております

kita_kuni1976@yahoo.co.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





2018年7月10日火曜日

あっという間の111円

激しかったですね
この展開
まだ上がるのかまだ上がるのかってくらい ぐんぐん行きました。
この111円を維持してくるのか

上昇の勢いが速かっただけにここからの展開が気になります。
16時現時点では111.20円から下げを見せましたが111円を維持しているところ
陽線を連続的につけて高値からの長い陰線を見ると利食いが一時的に入ったことはわかりましたが、その後はドル売りは続かず。
夜の市場展開へとバトンタッチのようです。




現時点ではまだ下げに転じたとは言えず、下手するともう一回上値を取りに行く気配もあります。
ただ上昇を一気に見せていることから111円に近付くと、利益確定の動きが出やすくなるために気を付けたいところ。
下げを見せても利食いのドル売りの気配から押し目買いに気を付けたいところです。




このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





2018年7月5日木曜日

直近安値を割れるのか

ドル円が110.35円近辺で推移しています。
直近の安値110.26がありこの近くでは反発も見せた午前でした。

このまま再びじりじりと下げていくと簡単に割り込みそうな気配です。
ただ一つの節目となっている110円での攻防がしっかりとありそうなので
ドル売りとしても深追いは気を付けたいところ。




米国も休日明けになるため、下げたところからのドル買いが出やすいため警戒のところです
本日は欲張らずにこまめな決済がよいかもしれないと思う今日この頃です

このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





米国の休日明け

朝は静かな展開を見せています
小樽では雨が続きまるで梅雨の時期のようです。
じめじめした相場展開にならなければと思ってますがどうなるでしょうね。




日足からは上昇を続けていたドル円がここにきて調整的な色合いを見せているところもあり、下げの警戒という気配です。
前日の日中から下げを見せていましたが、これが再び継続されてくるのか。

動きを見せてトレンドを形成する気配を見せるまではじっとするしかなさそうです。



このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





2018年7月4日水曜日

ドル円7月スタート

ぼちぼちって展開です
大きく買ってるわけでもなく、ぼちぼちですね
もっと利益を上げたいな




このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。