リンク

ページ

2018年4月25日水曜日

ドル円がすごい

ドル円が上昇してますね
あっというまに109円台
ここからが問題
114.7円台からの下げ、104.56円まで下げた
ここの幅の半値戻しが109.69円
ここまで上昇しても仕方がないという雰囲気が市場にあるようだ。
(当然、ここまで上昇しなくてもいい)
要は109.70円前後までは踏まえているというところ




ではその後、もしくはそこまで上昇を見せれなかった場合
108.47円がポイント
ここは38.2%戻しのライン
つまりここを再び割り込むと市場の見方として戻り完了感が強くなる
そうなると再び安値更新期待が出てくる気配

半値を超えていく場合110.80円では61.8戻しとなり
ドルの買戻しと新規のドル買いの影響を見せているように思えるため
底堅い気配が続きそう

ただ4月は上げ、5月下げというアノマリー的なことを考えると
5月連休終わりまではしっかりと上昇し、そこを5月の天井とした下げ相場も実は期待している

様々な縁で色々な人と係わることがあり、たくさんの学びをさせてもらった。
今後も一つ一つの縁を大事にし後に繋げていきたいと願う。



このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





2018年4月10日火曜日

ドル円下げた

ドル円が107.20円近辺までの戻しから下げを見せました
106.66円となり押し目買いの警戒をしておきたいところ
ただシリアの問題などから突発的なニュースがあるので、警戒です
ストップは常に設定しておかないと酷い目にあいそう・・・


106.40円では下値抵抗を見せていることから、106.50円前後では買いの強さを見せそうです。
目先では106.75円を上値ていく上値抵抗としてじり安を見せてくれるのかなと考えています。
逆に106.75円を超えてくると107円を見せる気配となりそうなので注目したいです






このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





2018年4月9日月曜日

ドル円上値重い展開をみせる

先週金曜の雇用統計後はじりじりと安い展開を見せています。
結果的に悪かったのですが、じり安程度のスピードなので、
市場に与えている影響は限定的だったのかもしれません。

では今後。
4時間足で見るとしっかりと下げを見せており、106.70円近辺を見せてくれるのか注目
106円の半ばでは押し目買いの声が多く聞くので、再び買い人気を見せてくる気配があります。




目先は107.35円前後にTDシーケンシャルの9を見せており、ここを頭として下げを見せてくれそうです。
ただ下値に対してどこまで下げてくれるか警戒しないといけなく、押し目に買いが出てくる気配が強いことから107円割れてからの売りには注意したいところ

Chart USDJPY, H4, 2018.04.09 00:58 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo




このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





2018年4月5日木曜日

ドル円中々動かず 注目点は

107.30円の上値抵抗を試してもくれません
上値期待をしていたのですが、なんだか頭重い気配を見せています。
ちょっぴりがっかりですね





ここからの展開としては、上昇の前の押し目を見せてくれるか期待をしています
106.70円では下値抵抗を見せており、ここを割り込むと上値期待が遠のく感じがします。
逆にここから切り返しを見せてくると、107.30円をきたいするところとみています。


後は26時の米)ボスティック:アトランタ連銀総裁の発言に注目ですね
ここを起点に動きを見せてくれると踏んでます




このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





ドル円

少し上値期待が出てきました
Chart USDJPY, H1, 2018.04.05 07:07 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo

107.30円が上値抵抗を見せています。
ここを抜けると107.8円の上値抵抗を意識した展開を期待したいです






Chart USDJPY, D1, 2018.04.05 07:10 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo




このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





2018年4月4日水曜日

平均足の考察

平均足
平均足は通常のローソク足の改良版みたいなものです。
ローソク足の描き方を平均値から記入していきます
簡単に言いすぎですが、ざっというとこんな感じなんです。
詳しくはこちら

聖杯のようテクニカル分析はないのですが、それぞれの特性を利用して売買に利用すると有効と感じます

平均足は、はらみ足に注意しつつ仕掛けていくことで、面白い展開を期待できます。
ただ平均からローソク足を形成するのでリアルタイムで動いている値段とは離れて形成されていることもあるので、実際のローソクを見ながらの売買の方がいいように思えます。


Chart USDJPY, M5, 2018.04.04 00:42 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo





このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。