リンク

2018年2月28日水曜日

107円割れるか

ドル円がもみ合い続きの展開を見せています
107.20円前後でもみ合い
107.10円前後でもみ合い
107円を割れそうで現状はまだ割れていません。

割れてくると106.80円のサポートを意識した展開となり
割れずに買われてくると再び107.20円を上値抵抗とする気配です。

107.00円がポイントになりそう








2018年2月27日火曜日

ドル円の下値

ドル円がじわりじわりと下げています
ずっとおとなしかったですが、ここにきて下げてる
下値としては106.50円前後としておきたいな

更に割り込むと深いかもしれませんが、動きは夜の方が出る可能性があり、深追いしないほうが良さそう。
ボックス圏の動きになっているので、下げも下値のサポートまで下げないかもしれない
夜に本腰入れた方が良さそうです。






2018年2月23日金曜日

再び107円台

ここから注目
107.1円近辺を超えてくるかどうなのか
ここを決済ポイントとして仕込むのもありと思った
更に上昇すれば嬉しいくらいの仕掛けもいいのかな

でも叩かれて再び下落が始まることもあるので慎重に 
やはり大きくは仕掛けれないところ



にらんだ展開が続く



ドル円
107円をにらんだ展開を見せています
ここを超えてきても107.1円や107.3円などでは再びドル売りが出る気配や107円を付けることが難しくなると106.80円をサポートとしていることからドル売りが再び出る気配です

週末ということもあり、月曜から買い戻しとされていたドルがここにきて再び売りを仕込まれているようなところが見えます。
105.2円のサポートは強そうなので、ここまで下げるならドルの買戻しを再び見せてくると思いますが、本日は不安定な動きとなりそう

ポジションは大きく仕掛けるよりも慎重にするか様子見が無難な気もします





2018年2月22日木曜日

ドル円が激しい

ドル円が急落を見せています
下値として107.20円があり、もうすでに下値抵抗を一時的に割り込みも見せているので、回復が難しくなると久々に105円割れを中期的な展望として見せそうです。

ただ107.20円前後の攻防も激しそうなので仕掛けは慌てずにじっくりと見たいと思ってます。
ポンドも下げておりこのまま頭重い展開が続けば下値に期待したいです
戻りが弱ければ下値を探ると観たいところ







2018年2月21日水曜日

夕方からどっちだ ドル円

108円超えることなくもみ合いを見せています
下値としては107.60円
上値としては107.90円
このどちらかを抜けた方を目先の仕掛けと見たいなと考えています。

抜けてきても21時に向けて再び方向を変えてくることが多々あるので、あくまでも目先としてやりたい20pips以上動いてほしいなぁ








ドル円の上昇をどこまで見るか

ドル円が上昇を見せています。
108円にはしっかりとしたドル売りがあるようで、ここを突破できるか注目
その前に下落となってくると108円突破は難しいのかなと感じます。

ちなみにポンド円も目が離せない状態ですね






2018年2月20日火曜日

ドル円上昇

107円を見せそうです
夕方からドルの買戻しが一気に来てますね。
107.30円に上値抵抗とされている様子があり、この辺まで戻るのか
その手前で下げるのか
休み明けの今晩が楽しみです





2018年2月15日木曜日

ドル円週足

Chart USDJPY, W1, 2018.02.14 23:55 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo
ドル円朝から崩れてます
104円台に週足ベースでのラインがあるとみるなら
そこまでの下げは中期的にはありえるところ
問題は仕掛け所。

ここまで下げると買い戻しによるロスカットが怖いですね。

虎穴に入らずんば虎子を得ず



題名変えました

しばらくFXについて特記していきます。
商品先物は人気なくFXの話ばかり舞い込んでくるので、こちらをメインに切り替えます
とりあえずすごい円高



2018年2月6日火曜日

FXと商材

ちまたに溢れんばかりの商材があります。
検証ブログもありますね。

どれが正しいのだろうかと悩んでしまうことも多々あると思いますが、ニュースサイトなどでコメントを出している方はそういった商材を使っている様子がない。

そう考えると商材を求めるのは無駄かもしれませんね。
単純に有料メルマガで情報を得たほうがマシのように感じます



ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。