リンク

2018年6月14日木曜日

ドル円分析

ドル円を見ると日足では110円に下値抵抗があり
110.1円までの下げから110.3まで上昇

ここから4時間足で見ると
110.41円に対して抜けれるのか
抜けても維持できるのか




110.4円から110.0円のレンジ
の展開と見たい

もちろん抜けてきたほうに強いトレンドを見せる気配もあるが
そこまで動いてくれるのかなぁ~って感じです.





2018年6月13日水曜日

強いドル円

米朝会談が終わりドルが強いです
110.20円近辺では下値抵抗がありますが、上値を探る展開から110.90円の上値抵抗に対してどう反応してくるか注目です
そこまで抵抗なしで上昇続けるかというとそれも何とも言えず、ただ押し目は買われやすいのかなと見ています。









2018年6月12日火曜日

目が離せない

ドル円目が離せないですね
17時発表とのことですが
それまでの動きが上下してます
トレンドではなくボックス圏内的な動きなので
そこを踏まえたトレードとしたいない

ただ本番は夕方
16時以降から激しくなりそう







2018年6月11日月曜日

もみ合ってるドル円

材料がたくさんある今週
ドル円は109.45前後でもみ合いを続けています。
ここではまだ仕掛けられない様子

もう少し動きがハッキリとしたら仕掛けたいですが、
現状では戻りは売られる気配としてみています

これが本当に戻りが売られるか上値の109.5円近辺での動きが重要になりそう
そこまで上げずに下げるのか
それとも突破してくるのか

要注目としています



2018年6月8日金曜日

ドル円下げを見せた

110.20円近辺から時間足でダブルトップのような形成を見せて
結局下げました
110円をしっかり維持してくると再び高値を試すという期待もありましたが110円割れ。

現時点で109.72円となっています。
ではここからの戦略
110円が重い展開となると下値を探る展開と見たいところです
109.30円を視野に入れておきたい




簡単に下げずにじりじりとかもみ合いを見せる気配もありそうですが、110円を上値抵抗にするような気配があり、そこを踏まえて仕掛けていきたいです。
110円を超えてくるなら売りは損切って感じになりそう。

もしくは110円をめどの109.50とか109.40からの買い戦略ってのもあるかもしれませんね
私的には売りで仕掛けたいと考えています。

熱い展開を期待しています
ちなみに
北海道もかなり夏っぽく熱くなってきましたよ。




2018年6月7日木曜日

予定通りの110円台 ここからの戦略

予定通り110円台に突入
おしめを見せてきたところもありますが、現状110円台で動いています
6時の時点で110.17円
次はここからの戦略ですね

110.20円から時間足でダブルトップ的な雰囲気がありますが、そこにこだわると上昇の勢いが強い時に簡単に突破されるので、さらりと見ておきたいところ

110円のラインが再び維持されてくると、再び上昇の勢いを見せそうです。




まずはここから押し目をどこまで見せるのかしっかり見たいです
押し目待ちに押し目無しという展開もあるかもしれませんが、じっと待つのも仕事の打ちということで待機したいかな

FX取引に携わり勝ちパターンと負けパターンをたくさん見てきました。
私自身がどれだけ勝てるのか?と聞かれれば威張れるほど勝てるところはないです。

ただ客観的な見方として伝えることはできることと、使えるツールの紹介や使い方、書籍の案内などは得意です。
何か知りたい本があれば聞いてくださいね



2018年6月5日火曜日

突破を見せて来た

109.85円を突破
110円台の展開を見せてくれそうで楽しみがある。
ただ110円台に突入してからの利食い売りに気をつけたい



2018年6月4日月曜日

動きは15時以降か⁉︎?

動きがないですね。動かない時は何もしないが一番。
北海道も30度となりました。暑いです。
本当に暑い
足を冷やして、相場は様子見です







2018年6月3日日曜日

久々のドル円分析

ドル円が急騰し下値堅い気配を見せてきた
104円から111円台の上昇に対して 
下落を見せ半値まで下げれずに反発
下値完了間を見せている気配があるようだ

そのため次の上値目標として109.85円があり
このあたりからのドル売りに警戒したい

ここを突破してくると111.40円超えを期待するところだ。

109.85円突破に失敗し下げてくると109円の薄い下値抵抗と
108.30円の厚い下値抵抗を警戒したい









2018年6月1日金曜日

問い合わせの多い内容

ドル円がどうなる?とか
ユーロは大丈夫?とか
東京金はどうかなとか
こういった質問よりもパソコンの使い方の質問が増えてきた。
パソコンはトラブルになった時が本当に厄介だ。壊れたら買い替えか修理にするか二択だが、壊れることもない不調な時、動きが遅いとか、突然プリントできなくなったとか
こういったことが一番面倒。

パソコントラブルは相談するのが一番。
それでもダメなら見に行って現物を触り解決する方が早い。

パソコントラブルで困ってる人は相談にのります。
一人で抱えるよりは相談するのも一つの解決策です




2018年4月25日水曜日

ドル円がすごい

ドル円が上昇してますね
あっというまに109円台
ここからが問題
114.7円台からの下げ、104.56円まで下げた
ここの幅の半値戻しが109.69円
ここまで上昇しても仕方がないという雰囲気が市場にあるようだ。
(当然、ここまで上昇しなくてもいい)
要は109.70円前後までは踏まえているというところ




ではその後、もしくはそこまで上昇を見せれなかった場合
108.47円がポイント
ここは38.2%戻しのライン
つまりここを再び割り込むと市場の見方として戻り完了感が強くなる
そうなると再び安値更新期待が出てくる気配

半値を超えていく場合110.80円では61.8戻しとなり
ドルの買戻しと新規のドル買いの影響を見せているように思えるため
底堅い気配が続きそう

ただ4月は上げ、5月下げというアノマリー的なことを考えると
5月連休終わりまではしっかりと上昇し、そこを5月の天井とした下げ相場も実は期待している

様々な縁で色々な人と係わることがあり、たくさんの学びをさせてもらった。
今後も一つ一つの縁を大事にし後に繋げていきたいと願う。





2018年4月10日火曜日

ドル円下げた

ドル円が107.20円近辺までの戻しから下げを見せました
106.66円となり押し目買いの警戒をしておきたいところ
ただシリアの問題などから突発的なニュースがあるので、警戒です
ストップは常に設定しておかないと酷い目にあいそう・・・


106.40円では下値抵抗を見せていることから、106.50円前後では買いの強さを見せそうです。
目先では106.75円を上値ていく上値抵抗としてじり安を見せてくれるのかなと考えています。
逆に106.75円を超えてくると107円を見せる気配となりそうなので注目したいです








2018年4月9日月曜日

ドル円上値重い展開をみせる

先週金曜の雇用統計後はじりじりと安い展開を見せています。
結果的に悪かったのですが、じり安程度のスピードなので、
市場に与えている影響は限定的だったのかもしれません。

では今後。
4時間足で見るとしっかりと下げを見せており、106.70円近辺を見せてくれるのか注目
106円の半ばでは押し目買いの声が多く聞くので、再び買い人気を見せてくる気配があります。




目先は107.35円前後にTDシーケンシャルの9を見せており、ここを頭として下げを見せてくれそうです。
ただ下値に対してどこまで下げてくれるか警戒しないといけなく、押し目に買いが出てくる気配が強いことから107円割れてからの売りには注意したいところ

Chart USDJPY, H4, 2018.04.09 00:58 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo






2018年4月5日木曜日

ドル円中々動かず 注目点は

107.30円の上値抵抗を試してもくれません
上値期待をしていたのですが、なんだか頭重い気配を見せています。
ちょっぴりがっかりですね





ここからの展開としては、上昇の前の押し目を見せてくれるか期待をしています
106.70円では下値抵抗を見せており、ここを割り込むと上値期待が遠のく感じがします。
逆にここから切り返しを見せてくると、107.30円をきたいするところとみています。


後は26時の米)ボスティック:アトランタ連銀総裁の発言に注目ですね
ここを起点に動きを見せてくれると踏んでます






ドル円

少し上値期待が出てきました
Chart USDJPY, H1, 2018.04.05 07:07 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo

107.30円が上値抵抗を見せています。
ここを抜けると107.8円の上値抵抗を意識した展開を期待したいです






Chart USDJPY, D1, 2018.04.05 07:10 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo






2018年4月4日水曜日

平均足の考察

平均足
平均足は通常のローソク足の改良版みたいなものです。
ローソク足の描き方を平均値から記入していきます
簡単に言いすぎですが、ざっというとこんな感じなんです。
詳しくはこちら

聖杯のようテクニカル分析はないのですが、それぞれの特性を利用して売買に利用すると有効と感じます

平均足は、はらみ足に注意しつつ仕掛けていくことで、面白い展開を期待できます。
ただ平均からローソク足を形成するのでリアルタイムで動いている値段とは離れて形成されていることもあるので、実際のローソクを見ながらの売買の方がいいように思えます。


Chart USDJPY, M5, 2018.04.04 00:42 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo







2018年3月30日金曜日

MT4のインジケータ考察

FXをしている方であれば知っていると思いますがMT4のチャート表示ソフトをこのところ使い倒していました。
これの面白いところは誰でも自分のオリジナルのテクニカル分析をチャートに反映することができ、他人が作ったものでさえも自分のチャートに表示させることが出来る。
本当に驚きです。

テクニカル分析が自分たちで研究でき、しかも他人のテクニカル分析を自分のチャートでも分析することが出来るオープン性が人気をさらに高めているように感じます。
こういったものは自分たちだけで考えても限界があり、FX専門会社だけが開発しても正直満足度は非常に低いです。

それをyoutubeのように誰でに投稿出来て、それをみんなが評価する利用するという仕組みは非常に効果的に感じました。

私も色々とインジケータと言われるテクニカル分析を導入し研究を重ねておりますが、非常に興味深いものが多々あります。
こいういった分析手法が世の中に眠ったままだったのかと思うと気づかなかった自分が恥ずかしい限りです。

今後もこの研究を重ねて、面白いものがあれば紹介していきたいと考えています






2018年3月7日水曜日

激しい展開が続きました

ドル円の乱高下が忙しかったです。
こういった動きの時は静観が一番と思ってます。
敢えて仕掛けても小さいロットで参加するくらいで、参加したことに満足するくらい、あまり意味のある行為ではないですね。
では今後の展開

下げに対しての買戻しを見せている様子から106円前後の攻防になりそうです。
そこまで勢いが続かないかもしれませんんが、一応その辺までの攻防があるとみています

その後、基本的には戻り売りと見ていますが、106.1円から上が弱いかどうか
戻り売りが強いと引き続き106.1円までの戻りを見せても売られやすいとみていますが、勢いから106.2前後まではあるかもしれません
それでも基本戻り売りとされやすい状況
ここで気を付けたいのが再び突発的なニュースによる急騰
ある程度ドル売りという仕掛けが大勢なので、ドル売りの買戻しが入ってくると警戒です
そのラインが106.2円を超えてくるところ
ここを超えてくると106.6円を視野に入れてくるために注意したい
106.6円は再び利食い確定などのドル売りとされてくるところですが、ここを突破するということは直近の高値更新となり、展開が変わってくるところとなりそうです。

下値ではやはり105.20円を視野に入れたい
105.65円を再び割り込むと上値の重さから売り圧力が強いとみてドル売り期待とみています






2018年3月6日火曜日

106.30円の攻防

105円台から徐々に切り返し106円台
106.30円台でもみ合いを見せてます

ここからの攻防が注目
割り込みを見せると再び106円割れ期待の声が出ています









2018年2月28日水曜日

107円割れるか

ドル円がもみ合い続きの展開を見せています
107.20円前後でもみ合い
107.10円前後でもみ合い
107円を割れそうで現状はまだ割れていません。

割れてくると106.80円のサポートを意識した展開となり
割れずに買われてくると再び107.20円を上値抵抗とする気配です。

107.00円がポイントになりそう








2018年2月27日火曜日

ドル円の下値

ドル円がじわりじわりと下げています
ずっとおとなしかったですが、ここにきて下げてる
下値としては106.50円前後としておきたいな

更に割り込むと深いかもしれませんが、動きは夜の方が出る可能性があり、深追いしないほうが良さそう。
ボックス圏の動きになっているので、下げも下値のサポートまで下げないかもしれない
夜に本腰入れた方が良さそうです。






2018年2月23日金曜日

再び107円台

ここから注目
107.1円近辺を超えてくるかどうなのか
ここを決済ポイントとして仕込むのもありと思った
更に上昇すれば嬉しいくらいの仕掛けもいいのかな

でも叩かれて再び下落が始まることもあるので慎重に 
やはり大きくは仕掛けれないところ



にらんだ展開が続く



ドル円
107円をにらんだ展開を見せています
ここを超えてきても107.1円や107.3円などでは再びドル売りが出る気配や107円を付けることが難しくなると106.80円をサポートとしていることからドル売りが再び出る気配です

週末ということもあり、月曜から買い戻しとされていたドルがここにきて再び売りを仕込まれているようなところが見えます。
105.2円のサポートは強そうなので、ここまで下げるならドルの買戻しを再び見せてくると思いますが、本日は不安定な動きとなりそう

ポジションは大きく仕掛けるよりも慎重にするか様子見が無難な気もします





2018年2月22日木曜日

ドル円が激しい

ドル円が急落を見せています
下値として107.20円があり、もうすでに下値抵抗を一時的に割り込みも見せているので、回復が難しくなると久々に105円割れを中期的な展望として見せそうです。

ただ107.20円前後の攻防も激しそうなので仕掛けは慌てずにじっくりと見たいと思ってます。
ポンドも下げておりこのまま頭重い展開が続けば下値に期待したいです
戻りが弱ければ下値を探ると観たいところ







2018年2月21日水曜日

夕方からどっちだ ドル円

108円超えることなくもみ合いを見せています
下値としては107.60円
上値としては107.90円
このどちらかを抜けた方を目先の仕掛けと見たいなと考えています。

抜けてきても21時に向けて再び方向を変えてくることが多々あるので、あくまでも目先としてやりたい20pips以上動いてほしいなぁ








ドル円の上昇をどこまで見るか

ドル円が上昇を見せています。
108円にはしっかりとしたドル売りがあるようで、ここを突破できるか注目
その前に下落となってくると108円突破は難しいのかなと感じます。

ちなみにポンド円も目が離せない状態ですね






2018年2月20日火曜日

ドル円上昇

107円を見せそうです
夕方からドルの買戻しが一気に来てますね。
107.30円に上値抵抗とされている様子があり、この辺まで戻るのか
その手前で下げるのか
休み明けの今晩が楽しみです





2018年2月15日木曜日

ドル円週足

Chart USDJPY, W1, 2018.02.14 23:55 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo
ドル円朝から崩れてます
104円台に週足ベースでのラインがあるとみるなら
そこまでの下げは中期的にはありえるところ
問題は仕掛け所。

ここまで下げると買い戻しによるロスカットが怖いですね。

虎穴に入らずんば虎子を得ず



題名変えました

しばらくFXについて特記していきます。
商品先物は人気なくFXの話ばかり舞い込んでくるので、こちらをメインに切り替えます
とりあえずすごい円高



2018年2月6日火曜日

FXと商材

ちまたに溢れんばかりの商材があります。
検証ブログもありますね。

どれが正しいのだろうかと悩んでしまうことも多々あると思いますが、ニュースサイトなどでコメントを出している方はそういった商材を使っている様子がない。

そう考えると商材を求めるのは無駄かもしれませんね。
単純に有料メルマガで情報を得たほうがマシのように感じます



ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。