リンク

ページ

2018年10月24日水曜日

FX 本日の戦略

ドル円
112.85円を上値抵抗として下げを見せました。
112.50円では下げ止まらずに111.94円を見せ、前回安値に並ぶと反発
このまま下げ止まりを見せるとダブルボトムを想定した展開となり、買われやすい地合いとなりそうです
上値抵抗として112.50円があり、ここを突破してくるとさらに上値期待したいところですが、決済のドル売りなども出やすいので注意したいところ、超えれずに下げてくると112.10円前後を下値抵抗とした展開となってくるところです


ユーロ円
129.18円を割り込み128.19前後まで下げを見せた。
下値からは買われており、安値は拾っているようにも見えますが129.18円の上値抵抗を超えてくるか注目。
ここを突破できずに下げてきたときに下げ止まりを見せれないと安値更新となり、下げ止まって再び上値抵抗を試してくると上値期待が強くなるところです。

ポンド円
下げ継続のところですが、ドル円などが反発を見せてくると連れ高となりやすので注意。
下値としては145.80円を4時間足の終値で割り込ん終えてほしいところ。
押し目がしっかりと拾われているために乱高下を想定して戦略を作りたいです。
146.35円位上値抵抗がありますが、ポンド円の場合はそれほど強い抵抗をみせていないので、上抜けてもすぐにトレンド転換とみるには早すぎるところ

分析ソフトからのサインなども紹介しております。
興味ある方は無料会員としてメール登録をお願いします







2018年10月23日火曜日

下げてきたドル円

ドル円
112.85円を上値抵抗とした展開からじりじりと下げを見せています。
112.50円でどうするかと見ていたらじりじりと下げ始めています。
買うにももう少し様子見たいところもあり、もう少しじっくり見たいところ
4時間足ではこの辺を下値抵抗としてくるか、切り返せるかのところです。
112.53円を超えてくると再び上値期待も出てきますが、しっかりと終値でも超えてほしいところ18時までは4時間足の形成途中なので見極めたいです



FX 本日の戦略

ドル円
112.85円を上値抵抗とした展開を引き続き見せていますが、再び試してくると113円が視野に入ってきます。
113円からは113.30円までの層があり、上抜けするには材料が欲しいところ
ショートをするならこの辺になりますが112.85円を超えてくるなら損切ラインとしてみるところ。ロングで入るなら112.50円台まで待ってから判断したいところ

ユーロ円
129.18円を下値抵抗としているところ
130.円を見せても再び売られていることから、上値抵抗を意識した展開となっています。
ロングで仕掛けるなら下値抵抗近辺で130円で決済するくらいの短期目線をしたいところ。
ショートを仕掛けるなら130円近辺で仕掛けたいところです。






ポンド円
結局売られてしまった展開です。
上値抵抗を146.95円として戻り売り期待のところ
直近安値の更新期待がありますが、振れ幅があるので注意したい。





2018年10月22日月曜日

本日のFX戦略10/22





ドル円

112.85円あたりを上値抵抗として頭重い気配を見せています。
下値では111.85円に下値抵抗を見せている様子。
仕掛けとしては112.60円あたりにショートから仕掛け、上値抵抗あたりを損切とするか、上値抵抗まで待ってからのショート
下値では111.85円あたりでロングとして、安値更新で損切とするか
まだ方向的には現時点では出ていないことからレンジとしての戦略です。
抵抗を突破して戻りが弱いとトレンドを発生させることとなるのであたらに仕掛けたいところ。
112.30円を維持してくると買われやすい地合いとなり、上値試す気配があります。
その際に112.70円を視野に入れた展開を期待するところ。



ユーロ円

129.18円を割り込んでも反発を見せており、下値からの買いを見せていることから上値期待もありますが、まだ下値警戒はしておきたいところ
130円に若干上値抵抗を見せており、ここを突破できるか注目
現時点では中間的な値位置にいる様子からもう少し様子見たい
仕掛けはもう少し値段が動いてからが無難な気がします

ポンド円

レンジをした抜けして、反発からレンジに突入していますが、再び戻り売りとされる気配があり下値警戒。146.95円を抵抗として意識しており、ここを下抜けして戻りが弱いと再び直近安値更新の気配。
上値としては147.35円を上抜けてくると底堅さを見せているように思えます。
ただそこを抜けても上昇トレンドとみるには時期尚早なところからロングには慎重になりたいところ






2018年10月19日金曜日

本日のFX戦略 ドル円、ユーロ円、ポンド円 

ドル円

安値から切り返したところから買い戻しもしっかりと入っている様子
中間的な値位置なので仕掛けるには難しいところなので様子見したい

112.25円から112.35円の上値抵抗帯があり、この辺を超えられるか売りたたかれるかに注目
反発見せずに下値を試すなら再び112円割れを試し、111.90円を割り込めないなら買い戻しが強いためレンジになりそうです。ここを割り込むと111.63円の安値を視野に入れた展開としたい。
仕掛けどころとしては上値抵抗で売りを仕掛け、上値抵抗を超えたあたりに損切設定をするか、下値抵抗ラインで割り込めないと想定してロングを設定するか、割り込んだあたりに損切を設定するやり方が無難な気がします






ユーロ円

レンジを下抜けし127.83円を視野に入れたいところ
急落なので買い戻し期待もありますが、戻りは売りとしてみておきたいです。
129.20円あたりを上値抵抗としており、ここまでの反発を期待できないかもしれませんが、ここまでは戻り売りとされやすいとして見ておきたいです。

ポンド円

レンジを下抜けしています。上下のブレの範囲が大きいことを踏まえると乱高下も見越して仕掛けたいところ。戻りは売られやすく146.60円を若干上値抵抗としている様子もあり、この辺から売りをしかえるのも面白そうです。ただそのまま下げることもあり、その際は145.60円あたりからの買い戻しを見せるか注意したいところです。ここが弱いと144円台を見せてくるのは早いかもしれません。


極貧フリーター女子が資産6億トレーダーに教わってFXで稼いでみた
堀越ゆりか 秋村たかのり
秀和システム
売り上げランキング: 33,903





2018年10月18日木曜日

本日の戦略10/17





ドル円
112.85円の上値抵抗を意識している様子から、ここを突破してくるか注目
押し目は買われやすい地合いになっているため112.30円の下値抵抗を意識した反発を期待したいです。
ただ上昇を継続できるかは夜の展開になる気配があり、日中の動きは微妙かもしれません。ただ動き出しても困るため下値抵抗と上値抵抗をしっかりと視野に入れた戦略としたいところです。

ユーロ円
下値抵抗を129.15円としており、ここを割り込まないと下げに勢いがつけにくい気配です。上値抵抗は引き続き130.20円などを意識しているところがあり、さらに上に130.92円でも上値抵抗を感じさせているようです。方向感を探る展開から、しっかりと動きを見てからの仕掛けとしたいです。売るなら130.2円近辺としたいところ。買うなら129.15円近くですが、割り込んだらした抜けすることも想定して損切は早くしたいところ


ポンド円
引き続き146.94円の下限と149.82円の上限のレンジに突入していることから、様子見したいところ
上限と下限に近付いて仕掛けをしたいため、中心的な位置にいる現状ではもう少し材料待ちをしたいところです。



2018年10月17日水曜日

MT4を使ったインジケーター

色々なインジケーターを利用しております
その中でちょっとオリジナルになっているものを紹介
上昇下降の角度からトレンドの発生を見極め出来ないか⁉といろいろと試しており現時点で利用しているのが以下の写真です
縦長で見づらくて申し訳ないのですが、青で丸しているところが0.1を突破してくるとロング
-0.1を割り込むとショートとしてみています。
15分足です。
急激な動き(長いローソク足)で突破することもありますが、その時は見送るようにしています。

MACDを利用しており上下二つありますが、ユーロ円に関しては下段で判断しています。








本日の戦略10/17

上昇を見せてくれた各通貨
今後の展開に注目




ドル円

112円を突破し111.60円前後を下値とした上昇を見せています。
112.30円から112.50円では上値抵抗とされているところから、戻り売りに注意したいところ
下値では112.10円にサポートとして下値抵抗を見せていることから、材料の弱い間はこのレンジとなりそうです。
112.85円にも上値抵抗があり、それなりに強い気配があるため要注意のところ


ユーロ円

129.80円を突破を見せましたがその後の下げを見ると買い戻してきな上昇で終えているところです。
今後買いが入ってくると再び上値を試せるところですが、130.20円と130.50円の上値抵抗を意識しているところがあり、戻り売りに注意したいところです。
下値では129.60円が下値抵抗としていることから、ここを割り込むと129.40円を割れを試そうとし、さらに割り込むと129.15円の下値抵抗を視野に入れておきたいところ。


ポンド円

146.94円の下限と149.82円の上限のレンジに突入していることから、様子見したいところ
上限と下限に近付いて仕掛けをしたいため、中心的な位置にいる現状ではもう少し材料待ちをしたいところです。






2018年10月16日火曜日

本日の戦略10/16

上下に動くレンジ相場にっていますね

本日の戦略

ドル円
111.60円に下値抵抗としたところから押し目が買われています。
経済的な要因によって突き抜けることも容易にあるので注意したいですが、下げてくると買われている様子にも注目。
上値では112円がありここを突破するまでは戻り売りとされやすい。ここを突破してくることで下値完了感から買い戻しや新規買いの勢いに注目したいところです





ユーロ円
下値から切り返しを見せたところもありますが、まだ下げトレンドを継続しているところもあり129円の下値抵抗に注目、再び試しに行くと直近安値更新となりやすいところです。
上値では129.80円に上値抵抗を見せておりここを突破してくると多少の買い戻しを見せてきますが、勢い的には買い戻しだけでは弱く、ファンタメンタルズな要因がないと上昇の継続は難しいところ


ポンド円
レンジ相場を割り込んだところから再び戻したところ
146.94円あたりを維持してくると上値を試しやすい展開です。
ブレ幅が大きいので下値抵抗を割り込んでも簡単に反発しているところから、資金配分とポジションの分配をしっかりと設定したうえで仕掛けたいところです



2018年10月15日月曜日

10/15 本日の戦略

注目集まる為替市場です
EU首脳会議に米為替報告書、FOMC議事録などと目が離せない内容ばかりです

ドル円
様子見されているところのため動きを見せず、
4時間足では112.50円前後に上値抵抗を見せていますが、ニュースの内容によっては簡単に突破してくるところ
それまではここを上値抵抗とした展開となりそうです
下値としては111.75円があり、ここを割り込むと下げ足が加速してくるところとみています。ただニュースが出てきたときには一気に反転することも十分あるのでそこを考慮した展開で仕掛けたいところ





ユーロ円
様子見されているところ
130.70円を上値抵抗としており、ここを突破するにはまだ材料不足。
下値では129.10円があり、ここを割り込むと127.80円を次の下値抵抗としてくるところです
現状材料待ちのところなので、狭いレンジでの判断となりそうです

ポンド円
下値抵抗で推移していることからレンジとみるならここから買いを仕掛けたいところ
146.94円を割り込むとレンジをした抜けした気配もあり、損切りの見極めを考えたいところ。145.50円に次の下値抵抗となりそうなところはあるが、下げの勢いがつくと一気に割り込むこともあり注意。材料乏しいとレンジ相場になりやすいために再び上値抵抗の149.80円を意識した展開となりそうです。ロングでの勝負で147円近辺から狙いたいところ、損切としては146.94円から下げ幅をどれだけ想定するか、資金配分を考慮するところ


売りで仕掛けるなら146.94円を上値抵抗としてくるところを見極めてから仕掛けたいところです。

FXチャート最強実戦集 まずは副業で月10万!
野田しょうご
ぱる出版
売り上げランキング: 2,514




2018年10月12日金曜日

10/12本日の戦略

なかなか見ごたえある展開が続いています
では本日の戦略



ドル円
下値抵抗112.05円を割り込み111.80円から買い戻しを見せた展開
反発もありましたが上値では叩かれて下値では買われてのレンジでした。
日足を見ても戻り売りの展開とされており、下値警戒のところ
112.35円に上値抵抗を見せていますが、前日の動きをみるとここを突破しても少し買われてくる気配もありますが、流れがまだ下げトレンドになっているところから戻り売りと見たいところ
もみ合いを見せている112.13円で仕込むには中間点のところもあり、できるなら上値抵抗とされている112.35円近辺での売り、もしくは111.80円からの反発を見せているため、この前後からの買いをしかけたいところ。


ユーロ円
調整局面を見せている気配
下値からの切り替え氏を見せている気配から130.70円を試すか見たいところ。
ここを試し維持してくると下げトレンドの終了と長期の上昇トレンドの押し目完了感から再び上値を試す展開を期待
上値試せず崩れるなら129.15円を割り込むと下値更新からの下げを再び見せてくる気配です。



ポンド円
もみ合いが続いております
149.82円の上値抵抗、146.93円の下値抵抗があり突破したほうに動くとみています。
レンジ相場になっており、逆張り戦略で下値抵抗上値抵抗それぞれに近づいたら仕掛けるくらいでも面白そうです


30年勝ち続けたプロが教えるシンプルFX
西原 宏一
扶桑社
売り上げランキング: 145,452




2018年10月11日木曜日

本日の戦略10/11

急落ですね
ストップとしていた112.20円を割り込みました。

ドル円
下値抵抗である112.80円を割り込み、今度は上値抵抗として意識されてくるところ
下値を探りやすい展開ですが、急落に対しての買い戻しをどこまで見せるかに注目
目先では112.30円を上値抵抗としている気配から、戻りは売られるとみています。
下値としては112.05円が押し目買いとされる気配ですが、割り込んでも押し目買いとされやすいことから下値警戒のところ


ユーロ円
引き続き下げを継続しており130.70円を割り込み127.90円を長期の下値抵抗としている様子。
4時間足では130.25円あたりで上値抵抗を突破しても上昇続かず戻り売りとされていることから下値警戒のところ

128.90円を下値抵抗を割り込むと利益確定の買い戻しが出やすいことから反発警戒。ただ反発しても戻り売りとされていることから下値期待のところ。


ポンド円
もみ合いが続いております
149.82円の上値抵抗、146.93円の下値抵抗があり突破したほうに動くとみています。
レンジ相場になっており、逆張り戦略で下値抵抗上値抵抗それぞれに近づいたら仕掛けるくらいでも面白そうです



2018年10月10日水曜日

本日の戦略

先週末からの動きであわただしい展開となっております。
FXの話でお酒飲んだり話したり、懇談できるようなサロンを作りたく色々と動いております。
とりあえず場所の確保ができて後は中身を少しづつ形にしていきたいなぁと。
実際に合ってそれぞれFXの考えやわからない人が色々と質問できるような場所があるのは、お互いにFXをやる上で楽しめるかなと思ってます。
パソコンの設定だけでも四苦八苦することが多々あるためにそう言った相談できる場所やお茶を飲んでニュースを確認できる喫茶店的なものが以前から作りたかったので、なんだかよい感じになりそうです

では本日の戦略








ドル円
長く続いた上昇トレンドの調整的な押し目を見せている気配です。
112.80円を割り込むとトレンドの返還を警戒しないといけないところですが、まだ押し目買いとされている気配があるところから下値からの反発には注意したい。
中期としては112.80円から下のところ(日足レベルでみると112.20円くらいはみたいところ)にストップを置いて買い戦略。
4時間足でも112.80円の下値抵抗を意識しており、ここが要注目となりそうです。
112.40円に2段目の下値抵抗を見せており、ここからも押し目買いとされる気配がありますが、112.80円を割り込んでいるときは上値抵抗としてくるために戻り売りとされるか見極めたいところです






ユーロ円
下げを継続しており130.70円を割り込み127.90円を長期の下値抵抗としている様子。
4時間足では130.25円あたりで上値抵抗を見せており、ここを突破してくると130.70円の上値抵抗を意識するところ
131.70円を超えてこないとまだ戻り売りの気配を残しているために注意したい
下値では129.30円を割り込んでも128.90円を下値抵抗としているためにここを割り込まないと押し目はしっかりと買われる気配があります



ポンド円
もみ合いが続いております
149.82円の上値抵抗、146.93円の下値抵抗があり突破したほうに動くとみています


最短で1億円を築く FXの稼ぎ技 230
standards (2017-11-06)
売り上げランキング: 942


めちゃくちゃ売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門 改定版
ダイヤモンド・ザイ編集部
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2,419














2018年10月5日金曜日

本日の戦略

ドル円
陰線で調整安気配を見せ114円を割り込みました。
日足では113.75円あたりからの下値抵抗を意識してくると押し目買いとされるところですが、米国時間が本番となる気配から動きをしっかりと見極めたいところ

113.75円を割り込みをみせてくると113.45円を注目、
4時間足では前回安値近辺になり反発を見せてこないとずるずると売られやすいところです。
反発を見せてくると114.10円あたりが上値抵抗となり、
米国時間まではレンジになりやすいかもしれません。



ユーロ円
130.70円前後の下値抵抗を意識しており、ここからの反発を見せれるか。
上昇トレンドの押し目を見せている気配なので下値抵抗からの反発期待がありますが、ここを割り込むと129円割れの警戒とされてくるところ

上値では目先131.70円に上値抵抗があり戻り売りとされやすいところですが、131.3円超えを維持してくると下値の堅さから上値期待となってきます。

下値抵抗を割り込んだら損切ラインとした買い戦略か
上値抵抗ラインからの売り戦略にするかという感じです。

昨日の続きと考えると買い戦略になりますが、再び下げてきたら早めの決済も考えたいところ



ポンド円
149.80円から146.94円のレンジです

上か下かで見るよりもレンジの上限で売り戦略
下限で買い戦略としてレンジを抜けたら損切とするやり方のほうが無難かもしれません。

上昇を続けていたところから停滞をしていることを想定すると下に行きたい気配ともみれますが、勝手な想像にもなるのでしっかりとした戦略で挑みたいです。

損切りして利益を狙うやり方は「肉を切らせて骨を断つ」と似ていると思います







2018年10月4日木曜日

ユーロ円が注目だ

ユーロ円
4時間足ではじりじりと下げ足を見せている
ただ日足では上昇トレンドの押し目となる
この見極めが重要になりそうだ

上昇トレンドが崩れたとはいえないこの展開から、4時間足の下げに関しては押し目と見たい
ただそのまま下げを継続されてくると値幅も大きいので、仕掛ける戦略が重要になる。
131円の下値抵抗と130.70円前後を下値抵抗としたところを戦略としたい。

ユーロだけに振れ幅が大きく、それなりに幅を見ておかないといけないのがつらいところだが、130.70円割れに対して各自の損切値幅を想定した買い戦略。

ここを割り込むなら、下げトレンドを形成してくるところとみて、今度は戻り売り戦略をとりたい。


売ったり買ったりか!?と言われてもしょうがないが、上と下と両方の戦略を持ち柔軟に対応したい。負けたら負けたなりの対応をすることで傷が浅く治りが早い。
つまり傷の負い方も重要となる。

常に100%当たる神様になりたいが、現実はそうもいかない。
小さな人間である以上は人間としての戦い方がある。
それが知恵である以上、常に戦略を持ってい挑みたいと考えている






ドル円急騰 その後の戦略

ドル円
米国の経済発表が良いないようだったことから急騰
国内では朝方は利食い売りから先行しているような気配です。
このドル売りが日足を陰線としてくるか ここに注目
陰線をつけてくると急騰の後なので利益確定の動きが出やすく
調整安を警戒のところです。
ただ下げても114円を割り込むには今晩の発表待ちになる気配

もう少し細かくしてみると
114.35円の逆指値を狙う動きがあり
ここを割り込んだ時の下げる勢いが継続できるか
114.20円を割り込むと114円近辺までの下げ期待がありそうです
ただ夜の経済発表待ちのところから、動きがあっても一時的なところもあり
値幅は深いおいしても反発や戻りとされてレンジに落ち着きそうです









2018年10月3日水曜日

ドル円戦略

バタバタ続きでおります
どーもこんにちわ

ドル円
さて ドル円上昇基調が続いておりましたが、陰線を見せていることから高値警戒感の声が聞こえております。
調整的な下げを見せてくるなら、113円割れを日足レベルで想定しておきたいところ
これをもう少し鳥の目として見ると
113.65円から113.30円での売り買いの攻防を見せる気配があります
この113.3円を下値抵抗として反発を見せてくると押し目完了感から再び上値を試す気配となりそうです。

下げを見せずに再び113.65円前後から反発を見せてくるなら
高値を挑戦するのも早そうです。

注目したいところはこの113.65円から113.3円の間の動き
この展開で方向性を見定めてくる気配があり注意したいところ。




ユーロ円

上昇基調を期待させる展開から下げを続けています
133円台からの下げとなり130.50円を下値抵抗としているところ
この下値抵抗を割り込むかどうかに注目されており、割り込んでも一時的な押し目として買われてくるのか要注目です

4時間足で見ると131.70円を超えてくると上値の警戒です
上値抵抗もしっかりとしており、戻り売りとされてきやすいですが、下げ弱く高値維持してくるなら再び上昇基調を見せる気配とみています

1時間足で見ると131.5円を超えてくると131.70円を試す気配があり、下値では131.15円を割り込むと130円台からの展開に注目です。
下値抵抗を割り込むか注目としたいところ。




ポンド円

上値抵抗を148.82円とし下値抵抗を146.9円としているところ
ポンドなので抵抗を割り込んだり突破しても上ひげ、下ひげとして突破することがたたあるのでその辺は要注意です。
4時間足で見ると146.95円前後での展開が注目されており、割り込むと下げ足を速める気配です。
上値では148.15円が上値抵抗とされていることから、ここまでの上昇は戻り売りとされやすいので注意としたいです


異常の展開予想から仕掛けるタイミングとしては戻りを待った売りや押し目を待った買いという仕掛けにしたいです。
割り込んですぐに仕掛けると買い戻しの反発による含み損やロスカットなどの被害にあることからじっくりと待ったうえでの仕掛けとしたいところです


パターンを覚えるだけで勝率7割超!  FXチャートの読み方 〜欧米投資家が好んで使うプライスアクションの教科書
陳 満咲杜
クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2018-08-31)
売り上げランキング: 349




2018年9月27日木曜日

ドル円週末そして月末

FOMC金利政策発表後

市場予想通りの円高ドル売りの展開でした。

高値では113.10円を超えましたが結局売られて112.80円を割り込んでいます

この割り込みが再び買われるかに市場の注目は集まっているようです。





113円からの陰線を見せていることから調整色が強いとの声も聞こえてきますが、112.90円を超えてくると再び押し目を拾われている様子から再び113円越えを視野に入れておきたいところ


上値が重く112.65円を再び割り込むと112.40円を下値抵抗とした動きを見せるところのようです。









2018年9月26日水曜日

ドル円113円

ドル円
ドル円が113円を目前としております
記事を公開したら突破しているかもしれない。
じわじわと上昇を見せており113.2円までの厚い層に対しての動きが注目です。

高値更新期待があり、ここを突破してくると上げ足もさらに速そうな気配からドルが買われやすい気配
ただ明日以降も継続するかは微妙なところなので、深追いせずにしておきたいところですね。




下げてくるなら112.80円からの押し目買いが強そうです。
そこまで下げれないかもしれませんが、下げたところの押し目は狙われている様子。

突発的なニュースによる転換も警戒しつつ狙っていきたいです




2018年9月25日火曜日

ドル円の展開

ドル円

113円には到達せずに失速、

このまま下げを見せるかというところで下げ渋りを見せています。
日足で見ると112.8円から113.20円では売り買いの攻防が見られそうなので、一気に突破となると材料待ちのところかもしれません。
本日の経済発表の関連ニュース時間帯には警戒しておきたいところです。




今後の戦略として

上昇と死して仕掛けるならしっかりと押し目を待ちたいです112.5円くらいまで下げてくれると買いも仕込みやすく、損切ラインも見極めやすいところ
112.41円が直近の安値としてここを割り込みしてきたときに損切を想定しておきたいですね。

売りを仕込むとするなら112.8円台に売りを仕込み高値更新をしてきたら損切を想定。

売り買い両方の戦略として、上げなのか、下げなのかハッキリしないのは意味がないと言われるかもしれませんが、仕掛けの仕方としてより目に見えるリスク対応のやり方として、狙った値段近辺まで引き付けてからの仕掛けを心がけるとリスクの幅想定し訳すなります。

ここを超えてしまえば上がってもしょうがないとか
ここを割り込むなら下げてもしょうがないなというラインをしっかりと想定しておくことで、そのラインまでを損切幅としてみれることで、仕掛けるロット数も考えやすくなり対応することが容易になってきます。






2018年9月20日木曜日

やっと落ち着いた。地震の後

夜中に突然の地震でした
私の住む小樽では揺れは微小でしたが、ニュースを見ると驚きです。
電気が止まり、信号なども機能してなかった
それでも事故などがなくスムーズに移動できたのは驚きでした。
お互いの譲り合いがそういった場面でも生きていたんだなと実感しております。

FXのほうはスマホのネットは動いていたので、すぐさまポジションは逆指値をして放置。
その後、スマホもつながらなくなりましたので、早めの対応でよかったと思っています。

電気復旧後はなぜかPCが動かず、修理に出していたのですが結局復旧のめどが立たずPCは役目を終えました。
そこで緊急ですが、かわりのPCを購入
スペックは以前と変わらないくらいの感じだと思いますが、とりあえずネットに対応することが現在はできているのでほっとしています。

ドル円は上昇トレンドを見せており、12:20の段階では、じり安のところ
このまま下げを継続するのかは14時くらいまでじっくりと見ておきたいです。

下げを見せてくると一度修正的な下げになりそうなので、下値の警戒
反発を見せてくるなら再び高値を試すところとみています







2018年9月3日月曜日

もみ合うドル円

ドル円

下値に対しても買い戻しを見せた

かといって買われ続けるわけでもないために方向感を探っているようです
111.40円を超えてくるとドル売りを見せていることから
ここを超えてくるとドル売りの警戒と
サポートラインとしてくるなら次のターゲットは111.85円を想定しています。
ただここを超えても再びドル売りの警戒はするところです


下げを見せても超えてきたラインをサポートしてくるなら押し目完了感からの上値探りを期待したいところです。

ドルが大人しいため他通貨のユーロやポンドを中心に見ているほうがねらい目がわかりやすい展開のようです。




SNSを通してトレーダーと名乗る方がたくさん増え、実績をネットで公開することが増えました。
それらが本当かそうでないか!?を確認していくよりは、一つの参考として軽く受け取るくらいがよいかもしれません。

私自身も売買指示を提示しているわけではなく、○○が買っているようだ、△は仕掛け始めた、などの情報を集めて紹介しているくらいです。

それらの情報を参考にし売買戦略を練ってもらってます。
自分一人で情報を集めて精査していくには時間と労力がたくさん必要となり、その作業により時間を失ってしまうよりは集めたり精査するのは自分以外に任せ、売買のタイミングのみに集中できる環境づくりが不可欠に思えます。

一人でFX市場で戦うのもよいかもしれませんが、チーム戦のように役割を分けて戦略を立てたほうが勝率も上がってくると感じています。

絶対もうかる情報などが存在しない以上は、リスク対策等をメインに据えた戦略で対応していきたいところです



めちゃくちゃ売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門 改定版
ダイヤモンド・ザイ編集部
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 8,133




2018年8月31日金曜日

ドル円どうなる

ドル円

111円を割り込みもたついています

1時間足ではじわじわと下値を切り上げているのが気になるところ
111.07円あたりを超えてくると下値確認完了観から買われやすい展開になりそうです。

110.90円を割り込むと上値の重さから下げ足を速めるか注目ですね。

どちらかに動いてからの仕掛けにしたほうがよさそうです








2018年8月30日木曜日

切り上げてきているドル円

ドル円

徐々に水準を切り上げとうとう112円も近くなりました。


112円に行く前に上値抵抗とされている112.80円に対してどういった動きを見せるか注目したいです。

ここを突破してもドル売りとされずに維持してくるのか
それとも利益確定などが優先しドルが売られ一度押し目を見せてくるか
または111.8円を超えずに押し目を見せるか

仮に下げて押し目を見せてくるなら111.40円を注目としたいです

この値位置での絡みが過去にもあり、再びこの一に下げてくると
売り買いが出てきやすいとみています。




下げ止まらずに下げてくると

111円割れを想定しておきたい

110.90円にも下値抵抗があり、
ここまでの下げを見せてくる期待があります。
ただそこまで下げても110円割れからの上昇トレンドが崩れていないことから
大きな押し目とされるところがあるので、下げからの反発には注意したい。

では112円台に突入した場合

112.30円の抵抗に注目

もみ合いかドル売りが出るかもしれませんが、上昇トレンドは崩れていないことから113円台への期待がありますね。


まずは基本を押さえておきたい
ボリンジャー・バンド入門 ― 相対性原理が解き明かすマーケットの仕組み (ウィザード・ブックシリーズ)
ジョン・A・ボリンジャー John A. Bollinger
パンローリング
売り上げランキング: 108,250




2018年8月27日月曜日

ドル円急落

ドル円

11.30過ぎくらいから急落です


111.40円を超えてからの下げはよかったのですが、
111.20円からの押し目買いではやられてしまいますね。





下げの勢いが強く111円を割り込む展開になってます

上昇に対しての調整的な下げの見方もあるようですが、111円を回復できないとずるずると下げられそうで警戒したいところ

111.40円と110円の間の展開をしばし見せそうです。






2018年8月24日金曜日

ドル円上昇

ドル円

111円台を見せたドル円です

強いですね。
売り場探しと言ってましたが、しっかりと111円で損切りになってしまいました。
気持ち切り替えますが、今後は上値を探る展開となるのかな




111.40円に上値抵抗とされているところがあり
この辺からの売りに気を付けたいです。

利益確定の売りなどが出てくるかもしれません

ただ押し目は買われる気配から111.20円台は買い場として狙われそうです









2018年8月23日木曜日

ドル円をどう見るか

ドル円

買い戻しだけではないと思いますが110.80円を超えました

この上昇が買い転換とみるにはもう少し様子見たいところです

まだ戻り売りではないのかなと考えているので、むしろ売り場なのかなと
損切りをするなら111円くらいに設定する感じになりそうです




110.80円から110円くらいまでは売り買いが多々あるので、
綱引き状態になるかもしれませんね。

もし111円をつけてくるなら下値完了間から再び113円を視野に入れておきたいです







2018年8月22日水曜日

ドル円戦略

ドル円

110円近辺から上昇を見せて現在110.25前後

ここのところ下落に対しての買い戻しを少し期待したいところ

110.60円くらいまで上昇を見せても買い転換とみるには時期尚早のところと思うが
それくらいの上昇はあっても不思議ないかなと




ただそこからの展開が重要で、

現時点では戻り売りとしてみておきたいところのため
売り場探しとなりそうだ。

一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門 改訂版

ダイヤモンド社
売り上げランキング: 453




2018年8月16日木曜日

ドル円が再び下落

ドル円

高値111.40円まで上昇を見せて111.20円の上値抵抗を突破しました。このまま上昇なのだろうかと思った矢先に下落
結局下落トレンドに沿った展開となり、再び下値を探る展開を見せています
Chart USDJPY, D1, 2018.08.15 23:59 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo
110.20円を割り込むと前回は押し目買いとされているところから、その辺は注意しておきたいところですが、戻りは売られやすい展開と見ています。

ただ110円の節目が押し目買いとされ、狙われやすいところのため下げ渋りや急反発を見せてくるなら要注意です。

ここまで下げるとか上げるとは常に言えないために、日常の動きを常に注視し日々方向性の再検討を行い修正していくことが必要に感じています。




昨日までは下げだったが、今日になったら上げとみる。というのは当然であり、日々値段が変わることを前提にしているからこその戦略になります。

そのためにポジションの取り方としては動きやすい形にしておかないと柔軟に対応できないので、必然的にポジションは軽くなります。

軽くなったポジションからは利益は大きく狙えないといわれますが、利益を重ねていくことが大事なので、ホームランを狙うのではなく、常にヒットで出塁できるような展開を考えています







2018年8月15日水曜日

ドル円の反発

ドル円の押し目買いが入り現在111.20円前後となっている

下落トレンドを宇和抜いているような状態のため
このまま維持してくるなら下値完了感からもう少し上値を探るのか

維持できずに下げてくると下落トレンドに沿った展開となるために
直近の安値を更新してくる展開を見せてくるとみている

注目したいところだ





2018年8月14日火曜日

ドル円の今後の展開

昨夜は激しい展開が突然訪れてびっくりでした
ドル円は上昇トレンドが崩れて下抜けとみているところがあり、戻りは売られる警戒をしておきたいところ
110.90円前後では;上値抵抗があり、ここからの上昇は難しそうです
111.20円でもしっかりとした上値抵抗を見せていることから下値を警戒したいところ

ただ一本調子で下げるとも言いづらいことから、戻り売りを狙いたいとところです。

Chart USDJPY, D1, 2018.08.13 23:19 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo



2018年8月13日月曜日

ポンド円

ポンド円の下落が続いています
今下げがどこまで行くのか
直近の安値を更新し2017年8月につけた安値を意識する展開と見ています




ポンド円140.0円
ここを割り込むと押し目買いが入りやすかったり、
下げ渋ると買い戻しが出てきやすいところとなりそうです。

ただここからの反発に関しては売りに対する買い戻しが優勢であることがあるために、底打ちとみるにはまだまだ早い気がします





2018年8月9日木曜日

ドル円などの分析

ドル円
トレンドラインを割り込み下抜けしたような展開を見せています。
110.80円から110.50円では売り買いが講釈するようなところもあり
下げたらおしめが入ってくるのかなとみてますが、朝のこの下げを見ると買いなんて入るのだろうかとも思ってしまいます。
戻りは売りとしてみていきたいところです。

ユーロ円
128.60円を割り込み見せていますが、ここからは売り買いの交錯がありそうです。
ただ流れはまだ下げを引きづっており、戻しは売りとして狙われやすいので下値期待がまだ続くのかもしれません。

ポンド円
日足では安値を更新し下値を探りやすい気配です。
下げたところは利益確定の買い戻しに注意したいところ
下げの角度がついていることから140円くらいまでの下げを期待してしまいます








2018年8月7日火曜日

ドル円の展開

ドル円が111円をもたついています
ここから下げを加速するのか、
反発してくるのか市場の注目があり、市場を静観する動きに感じます。

108円からのトレンドラインを引いてみると
111.30円前後が節目のようにも感じます




ここを割り込んだ時の買いの勢いや割り込まずに底堅く動いてくるなら
再び上値を探る展開を見せる気配です

割り込みから回復が難しいなら上値抵抗として下値を探ってくるところとなりそうです

まだ仕掛けには急ぎたくないところと思い様子見てます

ポンド円、ユーロ円はもう少し下がるのかと思ってますが、トルコ円は吹っ飛んでしまいました。
金利を楽しみにと思ってましたが、ダメでした仕切り直しですがもう少し様子見ます
Chart USDJPY, D1, 2018.08.07 00:35 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo



2018年7月27日金曜日

ドル円111円台

110.70円を若干割り込みましたが、押し目からしっかりと買いが入り111円を突破しました
日足では前日の記事の通り上昇トレンドを見せており、上値期待があるところ。
9時の段階では111.15円前後ですが再び買い場探しのように見えます。

ユーロは130円から128円のレンジにいるように思っているので、何ともできない状態です。だれか教えてぇぇ




ポンド円
日脚からダブルボトムを形成しているようなので押し目買いを狙いたいところ
145.50円が目先の安値ですが、ここをどう割り込むのか
もしくはここから反発となるのか注目しております。

色々な会社があり口座をどこで開設するか悩むところもありますね、一つの出会いがその後の人生に影響を与えることは多々あるので、色々な会社を利用したり色々な話を聞いて自分の感覚に合うところを選ぶのが一番いいと感じています。






2018年7月26日木曜日

ドル円今後の展望

下値から徐々に切り返しを見せているドル円
このまま反発とはまだ早計に思いますが、
上値を探ってくるという見方をしておきたいですね
Chart USDJPY, D1, 2018.07.26 01:06 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo
見ずらかったすみません
下値の切り返しが見やすくなるかなと思いチャートを載せています
110.75前後がドル円の下値のポイントとなりそうです。
日付が進むにつれて下値のサポートも上がってくるので、
111円を突破できずにもみ合いが続くと下げを簡単に見せそうですね。

取り合えず安易な売りよりも押し目を拾い、111円突破にもたついてるなら早々に撤退がよさそうです。
逆に110.70円などをつけてくるなら戻り売りに切り替えたいところですね









2018年7月23日月曜日

すごい下げたぁぁぁ

ドル円が7/2311:27時点では111円を割り込んだところです。
下げましたね
上値重くなったと思ったら下げた
気持ちがいいくらいの下げでした。

市場の声は下げが多数だったので、ドル売りで取りやすいと思った人も多かったと思います。
あとはこれからですね




110.901円を割り込んでくるとドル買いに対しての動きを見せているところもあり
この辺から売りと買いの攻防がありそうです。

111円割れとなれば安いところを拾っておくということも十分あり、
ドル買いの決済などもから上下しそうな気がします。

そのためどこから どう攻めようかと考えれば考えるほど迷ってしまい
もう少しもみ合いをいせるまでは新たな仕掛けは様子見しようかなと






2018年7月19日木曜日

ドル円もしかして

ドル円が113円を付けてから重いですね
なんかちょっと期待してしまいます
11時の段階で112.70を割り込んでおり。112.80円を回復するなら売りは決済としたいですが、ここは少し期待を込めて売ってみたい感じです。

深追いすると上昇トレンドに波に攫われてしまうので、その辺のポジション調整はしっかりとしないといけないですね。





2018年7月18日水曜日

早かった113円

ドル円あっという間に113円
早いですね
ここまで急騰したので多少下げても驚きもしない
現状112.90円で推移

112.50円まで下げても押し目とされそうです
113.4円まで戻して下げたドル円の回復が日足として完了するようなところですが、そのあとの展開も気になりますね。









2018年7月13日金曜日

なんだか上値重いドル円

何だかじりじりと下げてますねドル円
ちょっと下げを期待したいところ



112.70円から ドル円

10時を過ぎ少し弱含みを見せているドル円
このまま崩れてほしいというショート狙いも多いようですが、まだまだ油断はしておけないところ。
下げたところはドル買いの利益確定の売りとなれば、下げたところは押し目とされてくる。
オシレーターなどは数値が高いので下げると天井か!!という思惑になりやすいが油断してはいけない。大きな上昇トレンドの一時的な下げということもある。




今回の上昇にはM&Aがらみとの声があるために利益確定のドル売りは個人投資家などの動きに思える。となると下げも大した期待できないのか
それ以上に再びドル調達の動きがでると113円が早そうだ。

そうは思いながらも天井圏を売ってみたい欲望がものすごくある自分がいる





2018年7月12日木曜日

112円だ

朝見ると112円
来ましたね、ドル高の声が多かったのですが予想以上に速い展開で到達

乱高下を見せるドル円となりそうですが、日足でみると大きく下げに転じたところが113.30円台です。ここからの戻しを上げ下げ繰り返し突破してきています。
110円を超えて61.8%を突破したことから100%戻しの113円台も視野に入れないといけないような気がします。

一気に行くとは言えないですが、上昇の基調を踏まえて仕掛けたいですね。
トルコ通貨は22円台、底堅いのかと思わせてちょっと崩れてるのが気になります。
まだまだ油断できませんね。

売買指示はしておりませんが、売買相談や口座の開設する会社選び、PCの操作方法などは相談に乗らせていただいております

kita_kuni1976@yahoo.co.jp



2018年7月10日火曜日

あっという間の111円

激しかったですね
この展開
まだ上がるのかまだ上がるのかってくらい ぐんぐん行きました。
この111円を維持してくるのか

上昇の勢いが速かっただけにここからの展開が気になります。
16時現時点では111.20円から下げを見せましたが111円を維持しているところ
陽線を連続的につけて高値からの長い陰線を見ると利食いが一時的に入ったことはわかりましたが、その後はドル売りは続かず。
夜の市場展開へとバトンタッチのようです。




現時点ではまだ下げに転じたとは言えず、下手するともう一回上値を取りに行く気配もあります。
ただ上昇を一気に見せていることから111円に近付くと、利益確定の動きが出やすくなるために気を付けたいところ。
下げを見せても利食いのドル売りの気配から押し目買いに気を付けたいところです。






2018年7月5日木曜日

直近安値を割れるのか

ドル円が110.35円近辺で推移しています。
直近の安値110.26がありこの近くでは反発も見せた午前でした。

このまま再びじりじりと下げていくと簡単に割り込みそうな気配です。
ただ一つの節目となっている110円での攻防がしっかりとありそうなので
ドル売りとしても深追いは気を付けたいところ。




米国も休日明けになるため、下げたところからのドル買いが出やすいため警戒のところです
本日は欲張らずにこまめな決済がよいかもしれないと思う今日この頃です



米国の休日明け

朝は静かな展開を見せています
小樽では雨が続きまるで梅雨の時期のようです。
じめじめした相場展開にならなければと思ってますがどうなるでしょうね。




日足からは上昇を続けていたドル円がここにきて調整的な色合いを見せているところもあり、下げの警戒という気配です。
前日の日中から下げを見せていましたが、これが再び継続されてくるのか。

動きを見せてトレンドを形成する気配を見せるまではじっとするしかなさそうです。





2018年7月4日水曜日

ドル円7月スタート

ぼちぼちって展開です
大きく買ってるわけでもなく、ぼちぼちですね
もっと利益を上げたいな






2018年6月29日金曜日

ドル円分析 109円割れずに反騰

109円を割り込まずに
110円の上値抵抗を突破した展開です
驚きました

トランプ発言は本当に破壊力抜群です。

ではこれからの展開を考えたいと思います

110円を突破したことにより目先110円を下値抵抗としてきます
ここを再び割り込むと110円を維持できないことから下値に対する警戒は再度しておきたいところ

現状じりじりと110.40円を動いておりますが110.20円では買い戻しが見せやすいところです。
上値では110.90円前後ではドル売りの警戒もありますが、
突破する勢いがあると111.20円を次の上値抵抗とするところ




ドルが売られやすいと市場の声が多かった時もありますが、
市場だけに常に変化するというのが今回の上昇でしっかりと痛感させられた気がします。

ちなみにトルコ円は10円くらいまで下げても
ロスカットされないような資金配分をしておくとスワップの楽しみがありますよね






2018年6月25日月曜日

どうなるドル円

トルコの大統領選など様々なニュースでスタートの月曜日です
これからのドル円を考えたいと思います
110円を意識した展開を見せていることから下値をどこまで探るのかというところのようです。
下値では109円割れを視野に入れておきたいところ




113円から104円台までの下げに対して61.8%まで戻したようですが、結局のところ踏ん張れずにずるずると下げを見せた。
110円が上値抵抗としている様子から、下値を探りやすいところとなり、目標としたいのは109円割れ。

109円を割り込んでそのまま崩れていくのかは、まだ疑問ですが下値に対する考えを持って対応したいところです。






2018年6月14日木曜日

ドル円分析

ドル円を見ると日足では110円に下値抵抗があり
110.1円までの下げから110.3まで上昇

ここから4時間足で見ると
110.41円に対して抜けれるのか
抜けても維持できるのか




110.4円から110.0円のレンジ
の展開と見たい

もちろん抜けてきたほうに強いトレンドを見せる気配もあるが
そこまで動いてくれるのかなぁ~って感じです.





2018年6月13日水曜日

強いドル円

米朝会談が終わりドルが強いです
110.20円近辺では下値抵抗がありますが、上値を探る展開から110.90円の上値抵抗に対してどう反応してくるか注目です
そこまで抵抗なしで上昇続けるかというとそれも何とも言えず、ただ押し目は買われやすいのかなと見ています。









2018年6月12日火曜日

目が離せない

ドル円目が離せないですね
17時発表とのことですが
それまでの動きが上下してます
トレンドではなくボックス圏内的な動きなので
そこを踏まえたトレードとしたいない

ただ本番は夕方
16時以降から激しくなりそう







2018年6月11日月曜日

もみ合ってるドル円

材料がたくさんある今週
ドル円は109.45前後でもみ合いを続けています。
ここではまだ仕掛けられない様子

もう少し動きがハッキリとしたら仕掛けたいですが、
現状では戻りは売られる気配としてみています

これが本当に戻りが売られるか上値の109.5円近辺での動きが重要になりそう
そこまで上げずに下げるのか
それとも突破してくるのか

要注目としています



2018年6月8日金曜日

ドル円下げを見せた

110.20円近辺から時間足でダブルトップのような形成を見せて
結局下げました
110円をしっかり維持してくると再び高値を試すという期待もありましたが110円割れ。

現時点で109.72円となっています。
ではここからの戦略
110円が重い展開となると下値を探る展開と見たいところです
109.30円を視野に入れておきたい




簡単に下げずにじりじりとかもみ合いを見せる気配もありそうですが、110円を上値抵抗にするような気配があり、そこを踏まえて仕掛けていきたいです。
110円を超えてくるなら売りは損切って感じになりそう。

もしくは110円をめどの109.50とか109.40からの買い戦略ってのもあるかもしれませんね
私的には売りで仕掛けたいと考えています。

熱い展開を期待しています
ちなみに
北海道もかなり夏っぽく熱くなってきましたよ。




2018年6月7日木曜日

予定通りの110円台 ここからの戦略

予定通り110円台に突入
おしめを見せてきたところもありますが、現状110円台で動いています
6時の時点で110.17円
次はここからの戦略ですね

110.20円から時間足でダブルトップ的な雰囲気がありますが、そこにこだわると上昇の勢いが強い時に簡単に突破されるので、さらりと見ておきたいところ

110円のラインが再び維持されてくると、再び上昇の勢いを見せそうです。




まずはここから押し目をどこまで見せるのかしっかり見たいです
押し目待ちに押し目無しという展開もあるかもしれませんが、じっと待つのも仕事の打ちということで待機したいかな

FX取引に携わり勝ちパターンと負けパターンをたくさん見てきました。
私自身がどれだけ勝てるのか?と聞かれれば威張れるほど勝てるところはないです。

ただ客観的な見方として伝えることはできることと、使えるツールの紹介や使い方、書籍の案内などは得意です。
何か知りたい本があれば聞いてくださいね



2018年6月5日火曜日

突破を見せて来た

109.85円を突破
110円台の展開を見せてくれそうで楽しみがある。
ただ110円台に突入してからの利食い売りに気をつけたい



2018年6月4日月曜日

動きは15時以降か⁉︎?

動きがないですね。動かない時は何もしないが一番。
北海道も30度となりました。暑いです。
本当に暑い
足を冷やして、相場は様子見です







2018年6月3日日曜日

久々のドル円分析

ドル円が急騰し下値堅い気配を見せてきた
104円から111円台の上昇に対して 
下落を見せ半値まで下げれずに反発
下値完了間を見せている気配があるようだ

そのため次の上値目標として109.85円があり
このあたりからのドル売りに警戒したい

ここを突破してくると111.40円超えを期待するところだ。

109.85円突破に失敗し下げてくると109円の薄い下値抵抗と
108.30円の厚い下値抵抗を警戒したい









2018年6月1日金曜日

問い合わせの多い内容

ドル円がどうなる?とか
ユーロは大丈夫?とか
東京金はどうかなとか
こういった質問よりもパソコンの使い方の質問が増えてきた。
パソコンはトラブルになった時が本当に厄介だ。壊れたら買い替えか修理にするか二択だが、壊れることもない不調な時、動きが遅いとか、突然プリントできなくなったとか
こういったことが一番面倒。

パソコントラブルは相談するのが一番。
それでもダメなら見に行って現物を触り解決する方が早い。

パソコントラブルで困ってる人は相談にのります。
一人で抱えるよりは相談するのも一つの解決策です




2018年4月25日水曜日

ドル円がすごい

ドル円が上昇してますね
あっというまに109円台
ここからが問題
114.7円台からの下げ、104.56円まで下げた
ここの幅の半値戻しが109.69円
ここまで上昇しても仕方がないという雰囲気が市場にあるようだ。
(当然、ここまで上昇しなくてもいい)
要は109.70円前後までは踏まえているというところ




ではその後、もしくはそこまで上昇を見せれなかった場合
108.47円がポイント
ここは38.2%戻しのライン
つまりここを再び割り込むと市場の見方として戻り完了感が強くなる
そうなると再び安値更新期待が出てくる気配

半値を超えていく場合110.80円では61.8戻しとなり
ドルの買戻しと新規のドル買いの影響を見せているように思えるため
底堅い気配が続きそう

ただ4月は上げ、5月下げというアノマリー的なことを考えると
5月連休終わりまではしっかりと上昇し、そこを5月の天井とした下げ相場も実は期待している

様々な縁で色々な人と係わることがあり、たくさんの学びをさせてもらった。
今後も一つ一つの縁を大事にし後に繋げていきたいと願う。





2018年4月10日火曜日

ドル円下げた

ドル円が107.20円近辺までの戻しから下げを見せました
106.66円となり押し目買いの警戒をしておきたいところ
ただシリアの問題などから突発的なニュースがあるので、警戒です
ストップは常に設定しておかないと酷い目にあいそう・・・


106.40円では下値抵抗を見せていることから、106.50円前後では買いの強さを見せそうです。
目先では106.75円を上値ていく上値抵抗としてじり安を見せてくれるのかなと考えています。
逆に106.75円を超えてくると107円を見せる気配となりそうなので注目したいです








2018年4月9日月曜日

ドル円上値重い展開をみせる

先週金曜の雇用統計後はじりじりと安い展開を見せています。
結果的に悪かったのですが、じり安程度のスピードなので、
市場に与えている影響は限定的だったのかもしれません。

では今後。
4時間足で見るとしっかりと下げを見せており、106.70円近辺を見せてくれるのか注目
106円の半ばでは押し目買いの声が多く聞くので、再び買い人気を見せてくる気配があります。




目先は107.35円前後にTDシーケンシャルの9を見せており、ここを頭として下げを見せてくれそうです。
ただ下値に対してどこまで下げてくれるか警戒しないといけなく、押し目に買いが出てくる気配が強いことから107円割れてからの売りには注意したいところ

Chart USDJPY, H4, 2018.04.09 00:58 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo






2018年4月5日木曜日

ドル円中々動かず 注目点は

107.30円の上値抵抗を試してもくれません
上値期待をしていたのですが、なんだか頭重い気配を見せています。
ちょっぴりがっかりですね





ここからの展開としては、上昇の前の押し目を見せてくれるか期待をしています
106.70円では下値抵抗を見せており、ここを割り込むと上値期待が遠のく感じがします。
逆にここから切り返しを見せてくると、107.30円をきたいするところとみています。


後は26時の米)ボスティック:アトランタ連銀総裁の発言に注目ですね
ここを起点に動きを見せてくれると踏んでます






ドル円

少し上値期待が出てきました
Chart USDJPY, H1, 2018.04.05 07:07 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo

107.30円が上値抵抗を見せています。
ここを抜けると107.8円の上値抵抗を意識した展開を期待したいです






Chart USDJPY, D1, 2018.04.05 07:10 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo






2018年4月4日水曜日

平均足の考察

平均足
平均足は通常のローソク足の改良版みたいなものです。
ローソク足の描き方を平均値から記入していきます
簡単に言いすぎですが、ざっというとこんな感じなんです。
詳しくはこちら

聖杯のようテクニカル分析はないのですが、それぞれの特性を利用して売買に利用すると有効と感じます

平均足は、はらみ足に注意しつつ仕掛けていくことで、面白い展開を期待できます。
ただ平均からローソク足を形成するのでリアルタイムで動いている値段とは離れて形成されていることもあるので、実際のローソクを見ながらの売買の方がいいように思えます。


Chart USDJPY, M5, 2018.04.04 00:42 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo







2018年3月30日金曜日

MT4のインジケータ考察

FXをしている方であれば知っていると思いますがMT4のチャート表示ソフトをこのところ使い倒していました。
これの面白いところは誰でも自分のオリジナルのテクニカル分析をチャートに反映することができ、他人が作ったものでさえも自分のチャートに表示させることが出来る。
本当に驚きです。

テクニカル分析が自分たちで研究でき、しかも他人のテクニカル分析を自分のチャートでも分析することが出来るオープン性が人気をさらに高めているように感じます。
こういったものは自分たちだけで考えても限界があり、FX専門会社だけが開発しても正直満足度は非常に低いです。

それをyoutubeのように誰でに投稿出来て、それをみんなが評価する利用するという仕組みは非常に効果的に感じました。

私も色々とインジケータと言われるテクニカル分析を導入し研究を重ねておりますが、非常に興味深いものが多々あります。
こいういった分析手法が世の中に眠ったままだったのかと思うと気づかなかった自分が恥ずかしい限りです。

今後もこの研究を重ねて、面白いものがあれば紹介していきたいと考えています






2018年3月7日水曜日

激しい展開が続きました

ドル円の乱高下が忙しかったです。
こういった動きの時は静観が一番と思ってます。
敢えて仕掛けても小さいロットで参加するくらいで、参加したことに満足するくらい、あまり意味のある行為ではないですね。
では今後の展開

下げに対しての買戻しを見せている様子から106円前後の攻防になりそうです。
そこまで勢いが続かないかもしれませんんが、一応その辺までの攻防があるとみています

その後、基本的には戻り売りと見ていますが、106.1円から上が弱いかどうか
戻り売りが強いと引き続き106.1円までの戻りを見せても売られやすいとみていますが、勢いから106.2前後まではあるかもしれません
それでも基本戻り売りとされやすい状況
ここで気を付けたいのが再び突発的なニュースによる急騰
ある程度ドル売りという仕掛けが大勢なので、ドル売りの買戻しが入ってくると警戒です
そのラインが106.2円を超えてくるところ
ここを超えてくると106.6円を視野に入れてくるために注意したい
106.6円は再び利食い確定などのドル売りとされてくるところですが、ここを突破するということは直近の高値更新となり、展開が変わってくるところとなりそうです。

下値ではやはり105.20円を視野に入れたい
105.65円を再び割り込むと上値の重さから売り圧力が強いとみてドル売り期待とみています






2018年3月6日火曜日

106.30円の攻防

105円台から徐々に切り返し106円台
106.30円台でもみ合いを見せてます

ここからの攻防が注目
割り込みを見せると再び106円割れ期待の声が出ています









2018年2月28日水曜日

107円割れるか

ドル円がもみ合い続きの展開を見せています
107.20円前後でもみ合い
107.10円前後でもみ合い
107円を割れそうで現状はまだ割れていません。

割れてくると106.80円のサポートを意識した展開となり
割れずに買われてくると再び107.20円を上値抵抗とする気配です。

107.00円がポイントになりそう








2018年2月27日火曜日

ドル円の下値

ドル円がじわりじわりと下げています
ずっとおとなしかったですが、ここにきて下げてる
下値としては106.50円前後としておきたいな

更に割り込むと深いかもしれませんが、動きは夜の方が出る可能性があり、深追いしないほうが良さそう。
ボックス圏の動きになっているので、下げも下値のサポートまで下げないかもしれない
夜に本腰入れた方が良さそうです。






2018年2月23日金曜日

再び107円台

ここから注目
107.1円近辺を超えてくるかどうなのか
ここを決済ポイントとして仕込むのもありと思った
更に上昇すれば嬉しいくらいの仕掛けもいいのかな

でも叩かれて再び下落が始まることもあるので慎重に 
やはり大きくは仕掛けれないところ



にらんだ展開が続く



ドル円
107円をにらんだ展開を見せています
ここを超えてきても107.1円や107.3円などでは再びドル売りが出る気配や107円を付けることが難しくなると106.80円をサポートとしていることからドル売りが再び出る気配です

週末ということもあり、月曜から買い戻しとされていたドルがここにきて再び売りを仕込まれているようなところが見えます。
105.2円のサポートは強そうなので、ここまで下げるならドルの買戻しを再び見せてくると思いますが、本日は不安定な動きとなりそう

ポジションは大きく仕掛けるよりも慎重にするか様子見が無難な気もします





2018年2月22日木曜日

ドル円が激しい

ドル円が急落を見せています
下値として107.20円があり、もうすでに下値抵抗を一時的に割り込みも見せているので、回復が難しくなると久々に105円割れを中期的な展望として見せそうです。

ただ107.20円前後の攻防も激しそうなので仕掛けは慌てずにじっくりと見たいと思ってます。
ポンドも下げておりこのまま頭重い展開が続けば下値に期待したいです
戻りが弱ければ下値を探ると観たいところ







2018年2月21日水曜日

夕方からどっちだ ドル円

108円超えることなくもみ合いを見せています
下値としては107.60円
上値としては107.90円
このどちらかを抜けた方を目先の仕掛けと見たいなと考えています。

抜けてきても21時に向けて再び方向を変えてくることが多々あるので、あくまでも目先としてやりたい20pips以上動いてほしいなぁ








ドル円の上昇をどこまで見るか

ドル円が上昇を見せています。
108円にはしっかりとしたドル売りがあるようで、ここを突破できるか注目
その前に下落となってくると108円突破は難しいのかなと感じます。

ちなみにポンド円も目が離せない状態ですね






2018年2月20日火曜日

ドル円上昇

107円を見せそうです
夕方からドルの買戻しが一気に来てますね。
107.30円に上値抵抗とされている様子があり、この辺まで戻るのか
その手前で下げるのか
休み明けの今晩が楽しみです





2018年2月15日木曜日

ドル円週足

Chart USDJPY, W1, 2018.02.14 23:55 UTC, FXTrade Financial Co., Ltd, MetaTrader 4, Demo
ドル円朝から崩れてます
104円台に週足ベースでのラインがあるとみるなら
そこまでの下げは中期的にはありえるところ
問題は仕掛け所。

ここまで下げると買い戻しによるロスカットが怖いですね。

虎穴に入らずんば虎子を得ず



題名変えました

しばらくFXについて特記していきます。
商品先物は人気なくFXの話ばかり舞い込んでくるので、こちらをメインに切り替えます
とりあえずすごい円高



2018年2月6日火曜日

FXと商材

ちまたに溢れんばかりの商材があります。
検証ブログもありますね。

どれが正しいのだろうかと悩んでしまうことも多々あると思いますが、ニュースサイトなどでコメントを出している方はそういった商材を使っている様子がない。

そう考えると商材を求めるのは無駄かもしれませんね。
単純に有料メルマガで情報を得たほうがマシのように感じます



必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。