マネーポストWEB

神王TV

オレ的ゲーム速報JIN FX投資部

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ

fxカニトレーダーカズヤング

2014年1月15日水曜日

1/16戦略 商品先物 

商品先物の戦略です・。テクニカル分析をメインで書いております。


動きがまだ出ていませんが、この静かさが今後急展開を見せる気配もあることから、ゆだんできない気配です。
4290円を超えてくると雲を上抜けすることから、目先上抜けが早そうですが、じりじりとした展開が続いているために、戻り売りを狙っている筋もあるため、上抜けした後の値固めがしっかりできるかみたいところ
下値としては4119円を割り込むと雲をした抜けとなりますが、4100円では基準線もあり、押し目買いとされやすいことから、注意しておきたいです。

白金
4800円を安値で割り込んだ展開を見せています。買い戻しも見せていることから、下値の抵抗として意識されていますが、材料が出てくる簡単に割り込んでくるところでもあります。再び割り込みを見せたときに反発が弱いと上値をあきらめた展開から下値を探る展開となってきます。
上値では4800円を意識して下値を固めてあげてくると4860円の直近高値更新を視野に入れた展開を見せる気配です。

ガソリン
81000円前後を下値抵抗としており、再び割り込みを見せたときに買い戻しを見せてこないと、上値期待の後退から失望売りなどを誘ってきます。ただ80000円を割り込むと買い戻しなどもみせてくるために深追いはしたくないところです。
上値では82000円を上値抵抗としたところから、ここを上抜けると83000円の上値抵抗がしっかりとしているために戻り売り警戒です。ただ82000円を維持してくるなら上値を探る展開となりところ

ゴム
急落に対しての調整的な上昇を見せたところ。まだ調整高の余地は残しておりますが、戻りは売られやすい気配。258円を超えてくると戻り売りとされているために、この辺が上抜けできるかのポイント。下値では252円を割り込むと調整高も終了し下値を探る展開を見せてきます





fx初心者んための入門編②スワップ金利

スワップ金利
fx取引の面白みのひとつにスワップ金利がある、スワップ金利とは2つの通貨の金利差のことです。
これは金利の低い通貨を売って、より金利の高い通貨を買った時に受け取れるということ。

仮に豪ドルの金利が年4.5%で、日本円の金利が年0.1%とします。
豪ドルのほうが金利が高いため、この条件で円を売って、豪ドルを買ったとすると、円と豪ドルの為替レートが変動しなかったら、年間約4.4%のスワップ金利を得ることができる。

日々更新されるため、毎日同じ額が得られるとは限りません。FX会社によってもスワップ金利は異なっています。
スワップ金利が会社によって違うからといって、スワップ金利だけで会社を選ぶのは、あまり得策とは言えません。

スワップ金利だけで取引をすると為替の変動で損益を生じることがあるのでちゅういしなければいけないのです。






fx初心者のための入門編①

fxが105円をつけて騒がれておりました。
問い合わせも増え続けていますので、電話対応に間に合わないときのために、簡単な仕組みなどをここでご紹介します。

FXとは「外国為替証拠金取引」(外国為替保証金取引ともいう)のこと。外通貨を売買する取引の1つになります。

たとえば、為替レートが1米ドル=100円ならば、1米ドル買うのに 100円かかることになる。ところが、1米ドル=80円ならば、 80円あれば1米ドル買うことができる。このように円の価値が上がることを円高。数字だけを見ると値段が下がっているため勘違いをする方も多いが慣れていただくしかない。

逆に、1米ドル=120円になると、120円なければ1米ドルを買うことができない。これが円安で、円の価値が下がっているのだ。値段は上がっているように見えるが、価値が下がっているために円安となる。

そして為替の利益の取り方のひとつとして、為替差益
1米ドル=100円の時に米ドルを買い、円安が進んで1米ドル=120円になった時に売ると、その差の20円が儲けが為替の差益ということになる





テスト投稿

ずっとエラーが出ていたので テストとして投稿してます