リンク

2014年11月20日木曜日

東京金売買分析

東京金
4502円を付けた。ドル円も118.65円
素直に強い展開と認めざるえを得ない状況でした。
今後の展開が非常に気になるところですが、2円といえども4500円を超えて終えている点から上値の警戒をしておきたい。
[スポンサードリンク]




ただ乱高下する材料が多々あるので再び上下の揺れも大きいかもしれない。
東京金はドル円が120円を見せるまでは浄書を続けるのか。

日経平均がしっかりとしているがここのところ不安定要素がたくさんでている、
そのため株のヘッジとしてドル円が買われており、その恩恵なども踏まえて金もヘッジとして買われている。

つまり株のヘッジ要素がなくなった時に金の暴落を期待したい。
株が下がれば再び株への資金シフトがでてくるが、現状では難しい。

かといって株を買うには不安要素のある値位置のため大きく変えない。
そこで出てきたのがドル円。さらに円安効果期待からの東京金

この図式をしっかりと踏まえたうえでの仕掛けとしている。
もう少し上値見せるかな。




めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った「商品先物取引」入門 目からウロコのチャート分析編
小次郎講師 ダイヤモンド・ザイ編集部
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 90,291










ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。