リンク

2014年10月10日金曜日

商品先物は連休に入ります、今晩は要注意

連休明けが荒れるのか心配です。毎度ながらそれなりの動きを見せてくるので今回もあるのかな 

金のドル建て現物相場は、軟調。きのうの海外市場では、ユーロ圏の先行き懸念など
を受けてドル高に転じたことを受けて上げ一服となった。アジア市場では、朝方の  
1224.14ドルから、原油安などを受けて軟調となった。

世界経済の先行き懸念を受けて株価が急落した。金はドル安一服が圧迫要因だが、株
安が続くと、逃避先として見直される可能性も出てくる。一方、目先は国際通貨基金
(IMF)・世銀の年次総会を控え、当局者らの発言も確認したい。米連邦準備理事会
(FRB)の出口戦略と欧州中央銀行(ECB)の追加緩和などでドル高が進む可能性
もある。



 ニューヨーク・プラチナは時間外取引で、反落。指標1月限は午後4時現在、前日比
17.8ドル安の1260.5ドルとなった。

 世界経済の先行き懸念を受けて原油が急落したことなどが圧迫要因になった。ただ南
アの減産の見方も出ており、安値拾いの買いが入るようなら、下支え要因になるとみら
れる。また目先は国際通貨基金(IMF)・世銀の年次総会を控えており、当局者らの
発言も確認したい。 

 9日のシカゴコーンは、新穀月5本は小幅ながら月初以来7日続伸。夜間取引中はド
ル続落推移のなか小反落商いが続いた。
 しかし、立会取引に入ると一転、ドルが大幅反発したにもかかわらず、きょうの米農
務省月例需給報告を控えたポジション調整において、引き続き収穫遅れによる買い戻し
が優勢となり続伸商いに振れた。
 きょうは、月例報告次第。事前予想以上の弱気サプライズとなるのかが焦点。織り込
み済みとして12月限が節目350セント抵抗突破を指向するのか、弱気サプライズと
なって8営業日ぶりに反落するのか注目される。


9日のシカゴ大豆は、反発。夜間取引中は、ドル続落推移を受けておおむね5セント
前後の反発商いが続いた。                                                    
立会い取引では、好調な週間輸出成約高などもあって夜間高値を更新したが、ドルが
大幅反発したため前日高値を試すには至らず反落し、夜間安値を更新する場面もあっ
た。しかし、前日安値にも遠くした支えられるとドル高一服を受けて買い戻され反発引
けした。


きょうの米農務省月例需給報告を控えて前日レンジ内のインサイドデー指向の商いと
なった。従って、きょうは月例報告次第の強弱となる。中心月の12月限は報告後、上
値は節目950セント、下値は8日安値926.50セントのいずれかを突破、または
乖離した方にさらなる値幅拡大の可能性があり注目される。


このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。