リンク

2014年9月26日金曜日

東京ゴムのコラムが更新されていました

今のゴム相場が底値圏にあることは誰の目から見ても明らかだ。しかし、大底を打ったのか?という問いに対してはまだ明確な答えは出しにくい。
 先週、大手通信社が天然ゴムに関する楽観的な記事を掲載、それには、「天然ゴム価格が1月に始まった弱気相場の底値に近づいており上昇に向かうとの見通しがアナリスト15人を対象に実施した調査で示された」としていた。しかし、その強気の予想とは逆に、実際の相場はここにきて一段と急落する場面を迎えている。
海外は高値から76%の下落 産地国の増産が最大の上値圧力 | みんなのコモディティコラム
今のゴム相場が底値圏にあることは誰の目から見ても明らかだ。しかし、大底を打ったのか?という問いに対してはまだ明確な答えは出しにくい。  先週、大手通信社が天然ゴムに関する楽観的な記事を掲載、それには ...





為替の展望はこちら



ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。