リンク

2014年7月14日月曜日

東京金の急落






東京金が急落を見せました
ユーロドルに対してのドル高から金が売られて、
国内が反応したということです。

ここからさらに下げを見せてくるのか

まずは急落に対しての反発を警戒


毎度のことですが、急激に動いたものは
問題が継続しない限り伸びたものは縮まります。
今回は急落なので調整高の警戒はしておきたい。

海外の金売りが継続されているかは
夜間取引の金を見れば一目瞭然なので
そこを見つつ仕掛けていくところ。

スタートから下げ
を見せていないようであれば、買戻しの警戒
買戻しを見せてきたときに提灯筋がついて
買いの勢いがつくかもしれませんが、
この上昇に便乗して買わずに、
買ったものを決済するくらいがちょうどよい

あくまでの調整高の範囲としてみているため、
この上昇が継続されるのかはまだまだ不透明です。

そのために上昇に対しては
一歩引いたうえで見ていないといけません。
その後再び売られてくると
下値も深くなることもあるために気を付けたい展開

ドル円が不安定を見せていることから
乱高下も激しく見せてくる期待があります。
そのため下げても再び買いが出てきたり、
上げても売られたりとするために
為替の動向もしっかりとみることが重要なところ。



ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。