リンク

2014年3月13日木曜日

大豆市況

CBT大豆先物市場概況
◎期近が大幅続落、ウクライナ緊張によるリスク回避が圧迫
 CBOT大豆3月限:1381.75▼29.75
 12日の大豆は期近が大幅続落。終値の前日比は29.75~11.75セント安、中心限月の5月限は26.00セント安。5月限は、ウクライナ情勢の緊迫化を受け、ドル高・株安・原油安とリスク回避の流れが広がったことが圧迫、14ドル割れのテクニカル売りで下げが加速した。ただ、ブラジル生産高見通しの下方修正や、大豆需給の改善で持ち直した。
 中心限月の5月限は、時間外取引を1407.25~1365.50セントのレンジで推移し、前日比39.00セント安の1374.00セントで引けた。5月限は、前日安値(1410.50セント)を下回って始まったあとは、利食い売りがテクニカル売りを誘って値を消した。ウクライナ情勢の緊迫化を受け、ドル高・株安・原油安とリスク回避の流れが広がったことも圧迫要因。ブラジル国家食料供給公社(CONAB)が同国大豆生産高見通しを前回の9000万トンから8540万トンに下方修正したが、テクニカル売りの流れに巻き込まれた。
 立会時間は、38.50セント安で寄り付いたあと、1372.25セントまで下落したが、安値拾いの買いが優勢になって戻り歩調となった。時間外取引は、ウクライナ情勢の緊迫化でリスク回避の流れが広がったことや、14ドル割れによるテクニカル売りで急落したが、立会時間は押し目買いが入った。ブラジル大豆生産高見通しが下方修正され、更に引き下げられる可能性が指摘されたことや、ドル反落が支援材料。今週月曜に米国及び世界大豆需給のひっ迫が発表されて以来、相場の急伸が需要の足をひっぱることや、中国の成約キャンセルの可能性、農家売り増加、強材料で上値が伸びなかったことによる失望などで短期上昇トレンドを下抜いたが、飼料穀物の反発やドル反落で下げ止まった。


このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。