リンク

2014年2月25日火曜日

米経済への楽観論

[ワシントン 24日 ロイター] -米国を襲っている異例の寒さが第1・四半期の経済成長を抑えるだろう。しかしエコノミストの間では、その後に持ち直しの動きが見えてくる可能性は大きく成長率は次第に上向きになる、との楽観論に動揺の気配はない。

第1・四半期の国内総生産(GDP)成長率は、非常な低温と、米国の大半の地域を見舞った大雪や凍結などの悪天候のために最大で0.5%ポイント押し下げられる見込みだ。

天候に加え、企業による在庫圧縮の動きや、長期失業者向け給付の失効といった一時的な要因もマイナスに働く。

ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、ライアン・スイート氏は「足元の減速により、すべての人の経済に対する楽観姿勢が試されている。しかしこれまでのところはソフトパッチ(一時的な鈍化傾向)にすぎない。住宅以外では、最近のデータがファンダメンタルズの変化を示唆しているとは考えていない」と語った。

同社は今年の米成長率見通しを3.1%に維持しており、他のほとんどのエコノミストも、1月の大雪で雇用から小売売上高、製造業活動に至るまで急ブレーキが掛かった後でも、年間成長率見通しに修正を加えてはいない。

もっとも2月も大半の期間はひどい天候だったため、しばらくは低調な指標が続くもようだ。

ゴールドマン・サックスのエコノミスト、デービッド・メリクル氏は「気象条件が平年の基準から大きくかい離した場合、経済指標に影響を及ぼし得る。2月はこの冬で最も厳しい月のように思われ、まだ最悪時期はやってきていないことがうかがえる」と述べた







このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。