リンク

2014年2月18日火曜日

日銀金融政策決定会合

リスク要因は、新興国経済動向、欧州債務問題、米国経済の回復ペースなど、
貸し出し支援融資、最終的な残高30兆円見込み
成長支援融資、総額3.5兆円から7兆円に倍額

これにより一気に為替が円安ドル高となりました。
突然でした。
あとはこれがどこまで持続できるのか!?
伸びが弱いとたたかれてきます。

そうなると絶好のドル売りとなり、再び101円台となります。
102円を割り込んでしまうと、ドルの頭の重さを見せ付けることになるために
100円割れも視野に入れての展開になるかもしれません。

しっかりと維持してくると、方向がドル高という思惑からドル買いを目先見せてきます。
103円再びという展開となってきます。
この水準注目です。









このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。