リンク

2014年1月30日木曜日

1/31戦略 商品先物の戦略です

為替が102円台での展開です。
もみ合いつつ方向感を探る展開。ドルに対しての弱気材料も出ましたが、円高が進行するとしっかりとドル買いをみせているところもあります。

では商品先物

東京金
4180円近辺を上値抵抗としているところから、ここを上抜けていくと4200円越えを試す気配です。
したんでは4136円の一目均衡表の雲を意識しているところは変わらずの展開。
月末となり様子見の雰囲気があります。ただ夜間からは材料があるために動きやすい展開です。

東京白金
下値抵抗を割り込み4600円を視野に入れているところ、下値抵抗を割り込んでも押し目買いとされている気配が薄いことから、下げ圧力で下げているようです。戻りは売られやすい展開ですが、明日の夜間からの展開で買いの仕込がじわじわ出てきてもおかしくないところ。下値の4600円も近いことから売りは深追いしたくないところです。

東京ガソリン
方向間を見出せずに様子見をしている展開です。材料が出てくるまでの警戒から様子見られています。80000円近辺では一目均衡表の雲があり、上値では81200円に上値抵抗を見せています。
前回同様に上値抵抗はそれほど強い気配もないので、ここを上抜いても83040円の上値抵抗での戻り売りに注意したいところです。

東京ゴム
225.5円をタッチして少し戻りを見せています。228円で踏み固めている気配もあり、225円割れ失敗からの反発を警戒しておきたいです。
235円の上値抵抗を突破してくると買戻しなどからも上げ足を早める気配。
230円台に入ってきたら警戒としておきたいです。
225円を割り込むと228円台で踏みとどまっていた分の売りが入ってくるために205円を視野に入れた下げを見せる気配です。






このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。