リンク

2013年12月24日火曜日

ドル買いが強まる可能性

今週の外為市場で、ドル/円には上値余地がありそうだ。日米の金融政策の方向性の違いを背景に、薄商いの中で仕掛け的なドル買いが強まる可能性があるとみられている。年末が迫り、ドルを買い遅れている輸入企業がドル買いを急げば、短期筋の追随買いを誘発する可能性もある。

予想レンジはドル/円が102.00―107.00円、ユーロ/ドルが1.3550―1.3750ドル。

今年最後の注目イベントとなった17―18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)ではテーパリング(緩和縮小)開始が決定された。懸念されていた米国株が急反発したことで、ドル/円は堅調に推移。2008年10月以来の105円回復を射程圏にとらえている。

今週はクリスマスを挟んで重要な米経済指標の発表が少ない。クリスマス休暇から欧米の市場参加者が復帰してくるのは週末とみられている。

薄商いの中では方向感が出ないのが常だが、今週もさらに上昇すると予想する向きが目立つ。堅調な日米株価、上昇基調をたどる米金利がサポート要因になるという。

邦銀の関係者は「閑散に売りなし」の相場格言を引き合いに、日米の金融政策の方向性の違いを一気に織り込む展開になれば、ドル/円は107円程度まで上昇する可能性があるとみている。

年末が迫り、実需のドル買いがドル/円押し上げにつながりそうだ。りそな銀行・市場トレーディング室の尾股正寿シニアクライアントマネージャーは、実需の動向について「24日から27日のどこかで絶対買わなければならない向きが結構たくさんいると思う」と話す。







このエントリーをはてなブックマークに追加




商品先物 ブログランキングへ





ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。