リンク

ページ

2018年9月3日月曜日

もみ合うドル円

ドル円

下値に対しても買い戻しを見せた

かといって買われ続けるわけでもないために方向感を探っているようです
111.40円を超えてくるとドル売りを見せていることから
ここを超えてくるとドル売りの警戒と
サポートラインとしてくるなら次のターゲットは111.85円を想定しています。
ただここを超えても再びドル売りの警戒はするところです


下げを見せても超えてきたラインをサポートしてくるなら押し目完了感からの上値探りを期待したいところです。

ドルが大人しいため他通貨のユーロやポンドを中心に見ているほうがねらい目がわかりやすい展開のようです。




SNSを通してトレーダーと名乗る方がたくさん増え、実績をネットで公開することが増えました。
それらが本当かそうでないか!?を確認していくよりは、一つの参考として軽く受け取るくらいがよいかもしれません。

私自身も売買指示を提示しているわけではなく、○○が買っているようだ、△は仕掛け始めた、などの情報を集めて紹介しているくらいです。

それらの情報を参考にし売買戦略を練ってもらってます。
自分一人で情報を集めて精査していくには時間と労力がたくさん必要となり、その作業により時間を失ってしまうよりは集めたり精査するのは自分以外に任せ、売買のタイミングのみに集中できる環境づくりが不可欠に思えます。

一人でFX市場で戦うのもよいかもしれませんが、チーム戦のように役割を分けて戦略を立てたほうが勝率も上がってくると感じています。

絶対もうかる情報などが存在しない以上は、リスク対策等をメインに据えた戦略で対応していきたいところです



めちゃくちゃ売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門 改定版
ダイヤモンド・ザイ編集部
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 8,133




ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。